QuietComfort 45と35の違いを比較!最安値や発売日!BOSEワイヤレスヘッドホン

QuietComfort 45と35の違いを比較!最安値や発売日!BOSEワイヤレスヘッドホン

趣味・家電・生活

BOSEからワイヤレスヘッドホン「QuietComfort 45 headphones」が発売されました。

軽量ですっきりとしたデザイン、快適な装着感、クリアな圧倒的なサウンドを完璧なバランスで実現しています。

2種類のノイズキャンセリングが搭載されているハイクオリティなヘッドホンになります。

今回の記事は「QuietComfort 45 headphones」と、旧型にあたる「QuietComfort 35 wireless headphones II」の違いを深掘りしてみました。

【関連記事】
BOSE Sleepbuds IIの口コミと最安値!ノイズマスキングで快適な睡眠を!

WH-1000XM4の口コミと最安値!aptx非対応!ソニーのノイズキャンセリング最高峰ヘッドホン

MarshallワイヤレスイヤホンMinor3とMinor2の違いを比較!口コミやデメリットは?

「QuietComfort 45 headphones」と「QuietComfort 35 wireless headphones II」の違いを比較

「QuietComfort 45 headphones」と同じくBOSEから発売されていて、旧型にあたるのが「QuietComfort 35 wireless headphones II」です。

2つの違いを比較したので、購入の参考にしてみてください。

ノイズキャンセリング

新型「QuietComfort 45」:QuietモードとAwareモード
旧型「QuietComfort 35」:レベルを2段階で切り替え可能

「QuietComfort 35」はノイズキャンセリングレベルを2段階で切り替える事が可能です。

「QuietComfort 45」はQuietモードとAwareモードの2種類のモードを搭載しています。
・Quietモード:最大レベルのアクティブノイズキャンセリングで周囲のノイズをキャンセルします。
・Awareモード:音楽を聞きながら、同時に周囲の音も認識できます。

「QuietComfort 45」は、様々なシーンに合わせてノイズキャンセリングを使いわけられるようになりました。

音の特徴

新型「QuietComfort 45」:ハイ・フィデリティオーディオ
旧型「QuietComfort 35」:音量に合わせて最適化するイコライザー

音量に合わせて最適化するイコライザーとは:静かなオフィスで音を小さくして聴いても、人通りの多い場所で音量を上げても、変わらないサウンドクオリティーを楽しめます。

ハイ・フィデリティオーディオとは:音量に合わせて最適化されたアクティブEQにより、音量の大小を問わず高い忠実度が維持されます。音を小さくしても安定した低音を再生、音を大きくしてもクリアなサウンドが続きます。

バッテリー

新型「QuietComfort 45」:1回の充電最長24時間
旧型「QuietComfort 35」:1回の充電最長20時間

「QuietComfort 45」は使える時間も伸びました。

クイックチャージ

新型「QuietComfort 45」:15分の充電で最大3時間
旧型「QuietComfort 35」:15分の充電で最大2.5時間

「QuietComfort 45」はクイックチャージも同様に伸びています。

サイズと重さ

新型「QuietComfort 45」:ヘッドホン:18.4 cm(H)x 15.24 cm(W)x 7.62 cm(D)(0.24 kg)
旧型「QuietComfort 35」:ヘッドホン:17 cm (W) x 18 cm (H) x 8.1 cm (D) (0.24 kg)

サイズにそこまで大きな違いはなく、重さも同じです。

Bluetoothバージョン

新型「QuietComfort 45」:Bluetooth5.1
旧型「QuietComfort 35」:Bluetooth5.0

ワイヤレス通信距離

新型「QuietComfort 45」:約9m
旧型「QuietComfort 35」:約10m

ワイヤレス通信距離では「QuietComfort 35」のほうが範囲が広いです。

同梱物

新型「QuietComfort 45」:本体、キャリーケース、充電用USBケーブル Type-C(30 cm)、音声ケーブル
旧型「QuietComfort 35」:本体、キャリングケース、充電用USBケーブル、音声ケーブル

カラー

新型「QuietComfort 45」:ブラック、ホワイトスモーク
旧型「QuietComfort 35」:ブラック、シルバー

価格

新型「QuietComfort 45」:39,600円
旧型「QuietComfort 35」:25,700円
(BOSE参考価格)

旧型「QuietComfort 35」は参考価格が40,700円ですが、発売から期間が経っているので安く購入できます。

違いのまとめ

新型「QuietComfort 45 headphones」は、旧型「QuietComfort 35 wireless headphones II」よりもほぼ全ての面で進化しました。

・2種類のノイズキャンセリング
・バッテリーの進化
・Bluetoothバージョンが5.1に
・ワイヤレス通信距離は1メートル狭まった
・1万4千円価格が高い

以上の点から、どんな人にどちらがおすすめかまとめました。

新型「QuietComfort 45 headphones」をおすすめする人
多少価格が高くても、ほぼ全ての面で進化したヘッドホンを使いたい人
旧型「QuietComfort 35 wireless headphones II」をおすすめする人
機能は落ちても安く購入したい人

個人的には、進化して素晴らしい機能を備えた新型「QuietComfort 45 headphones」をおすすめします。

「QuietComfort 45 headphones」の最安値をチェック

「QuietComfort 45 headphones」が販売されているショップの最安値をまとめました。

(記事更新時の価格なので、最安値が変わっている可能性もあります)

Amazonの最安値

Amazonでは39,600円

「QuietComfort 45 headphones」の最安値をAmazonでチェック!

楽天の最安値

楽天では39,600円(送料無料)

「QuietComfort 45 headphones」の最安値を楽天でチェック!

yahooショッピングの最安値

ヤフーショッピングでは39,600円(送料無料)

「QuietComfort 45 headphones」の最安値をヤフーショッピングでチェック!

記事更新時の「QuietComfort 45 headphones」の最安値は、Amazonと楽天とヤフーショッピングになります。

「QuietComfort 45 headphones」の発売日はいつ?

「QuietComfort 45 headphones」の発売日は、2021年10月28日です。

すでに発売されたので、すぐに購入できます。

「QuietComfort 45 headphones」商品詳細やスペック

ボーズを象徴するノイズキャンセリングヘッドホンが進化して登場。

ワールドクラスの静寂、軽量で快適なデザイン。そして独自技術を投入した深く、クリアなサウンド。

QuietComfort 45ヘッドホンは、単にデザイン面の改良版ではありません。
静けさ、快適な装着感、そしてクオリティサウンドを完璧なバランスで実現しています。

ボーズならではの機能と性能をすべて搭載。それらを進化させました。スムーズなクッション性とすっきりとした外観でデザインを一新。さらには質感の高い合成レザー、ガラス繊維を練り込んだ衝撃に強いナイロン樹脂、鋳造製のヒンジを採用し、快適性と耐久性を実現しています。

まとめ

ワイヤレスヘッドホン「QuietComfort 45 headphones」が、BOSEから発売されました。

快適な装着感、ノイズキャンセリング、クオリティサウンドを完璧なバランスで実現しています。

旧型「QuietComfort 35 wireless headphones II」から進化した点は多くあります。

・2種類のノイズキャンセリング
・バッテリーの進化
・Bluetoothバージョンが5.1に
・ワイヤレス通信距離は1メートル狭まった
・1万4千円価格が高い

価格が高くても、多くの面で進化した最高峰のヘッドフォンである新型「QuietComfort 45 headphones」をおすすめします。

【関連記事】
パナソニックSC-WN10とソニーSRS-NB10の違いを比較おすすめは?

Sound Air TW-7100の口コミと最安値!TW-5100との違いや前機種を紹介

ワイヤレスイヤホン「C5truly wireless SE-C5TW」の口コミと最安値!オシャレで防水で外音取込み機能付き!