XGRILLとPLUSとPREMIUMの違いは?やきまると比較しておすすめは?

XGRILLとPLUSとPREMIUMの違いは?やきまると比較しておすすめは?

山善から焼き肉グリル「XGRILL PREMIUM(YGMC-FXT130)」が発売されました。

おうちでも煙を気にすることなく焼肉が楽しめるように、煙を94%カットできるので思う存分焼肉を楽しめます。

「X」カットのプレートにより、お肉の余分な油が落ちるので、余分な脂っぽさがなくお店のような本格的な焼肉が堪能できます。

今回の記事は、エックスグリルシリーズである「XGRILL PREMIUM」「XGRILL+PLUS」「XGRILL」の違い、「やきまる」シリーズとどちらがおすすめかを深掘りしてみました。

【関連記事】
やきまる2と初代の違いは?イワタニ新型焼肉グリルの口コミやデメリット

アビエン マジックグリルとマジックグリルSの違いを比較!口コミやデメリット

肉祭りBambooと肉祭りの違いを比較!減煙グリルプレートの口コミや最安値

Advertisement

「XGRILL PREMIUM」「XGRILL+PLUS」「XGRILL」の違いを比較

山善から発売された減煙焼き肉グリルXGRILLシリーズは、現在3つ発売されています。

3つの違いを比較したので、購入の参考にしてみてください。

減煙率・油飛沫削減率

「XGRILL PREMIUM」:煙を94%カット、油飛沫削減

シリーズ最高の減煙を実現していて、94%カットはすごいとしか言いようがありません。
焼肉時の煙の悩みがなくなります。

油飛沫削減率は正式には発表されていませんが、従来品と比べて油跳ねも大幅に削減でき、油の飛び散りを抑えるから、後片付けも簡単です。

「XGRILL+PLUS」:煙を80%カット、油飛沫削減83%カット

「XGRILL PREMIUM」と比べると少し落ちますが、80%以上という高いカット率です。

「XGRILL」:煙を70%カット、油飛沫削減85%カット

「XGRILL+PLUS」と比べると減煙率は落ちますが、油飛沫率は少し高いです。

たこ焼きプレート

「XGRILL PREMIUM」:有り
「XGRILL+PLUS」:無し
「XGRILL」:無し

「XGRILL PREMIUM」のみ、焼肉プレートの他に匠のたこ焼きプレートが付いています。

焼肉以外にも、たこ焼きやシュウマイが作れるので料理の楽しみが増えます。

消費電力

「XGRILL PREMIUM」:1300W
「XGRILL+PLUS」:1200W
「XGRILL」:1000W

「XGRILL」→「XGRILL+PLUS」→「XGRILL PREMIUM」と消費電力が上がっています。

本体サイズと重さ

「XGRILL PREMIUM」:幅515mm×奥行290mm×高さ145mm、約4.9kg
「XGRILL+PLUS」:幅485mm×奥行285mm×高さ85mm、約2.3kg
「XGRILL」:幅約390mm×奥行約250mm×高さ約850mm、約1.8kg

「XGRILL」→「XGRILL+PLUS」→「XGRILL PREMIUM」とどんどん大きく重くなっています。

型式

「XGRILL PREMIUM」:YGMC-FXT130
「XGRILL+PLUS」: YGMB-X120
「XGRILL」:YGMA-X100

発売日

「XGRILL PREMIUM」:2021年9月16日
「XGRILL+PLUS」:2021年4月
「XGRILL」:2020年8月

カラーバリエーション

「XGRILL PREMIUM」:ブラック
「XGRILL+PLUS」:ブラック
「XGRILL」:ブラック

3つともカラーはブラックのみとなります。

価格

「XGRILL PREMIUM」:21,800円
「XGRILL+PLUS」:7,980円
「XGRILL」:4,480円

価格は3つともにかなり違いがあります。

「XGRILL PREMIUM」は「XGRILL+PLUS」の倍以上の価格となっています。

違いを比較しておすすめは?

「XGRILL」シリーズ3つの違いを比較しました。

「XGRILL PREMIUM」のみ、焼肉プレートの他にたこ焼きプレートが付属しています。

減煙率・油飛沫削減率は、発売日が新しい順に数値が高くなります。
・「XGRILL PREMIUM」:煙を94%カット、油飛沫削減
・「XGRILL+PLUS」:煙を80%カット、油飛沫削減83%カット
・「XGRILL」:煙を70%カット、油飛沫削減85%カット

サイズ・重さも発売日が新しい順に数値が高くなり、消費電力も増え、価格も高くなります。
「XGRILL」→「XGRILL+PLUS」→「XGRILL PREMIUM」

1~2人の家庭には、価格が安くコンパクトな「XGRILL」をおすすめします。

1~5人の家庭には、「XGRILL+PLUS」をおすすめします。「XGRILL PREMIUM」は焼肉の他にたこ焼きもしたい方に最適です。

「XGRILL+PLUS」の最安値を楽天でチェック!

「エックスグリル」シリーズと「やきまる」の違いを比較

イワタニから発売されているのが、カセットガス スモークレス焼肉グリル「やきまる」シリーズで、「やきまる」と「やきまる2」の2つがあります。

【関連記事】
やきまる2と初代の違いは?イワタニ新型焼肉グリルの口コミやデメリット

「やきまる」は累計販売台数100万台を突破している、煙の発生を少なく抑える焼肉グリルの超人気商品です。

「エックスグリル」シリーズも「やきまる」もどちらも煙を抑えてくれるのは間違いありません。

ただ、どちらにも欠点があります。

「エックスグリル」と「やきまる」の欠点

「エックスグリル」シリーズはガス要らずで、電気のみでホットプレートのように手軽に使えます。

ただ、火力はその分下がってしまう事が欠点です。

「やきまる」シリーズは、カセットガス スモークレス焼肉グリルという名前の通り、火を付けるのにカセットガスが必要になります。

このカセットガスの切れが早いというレビューもあり、何度も購入する必要があるのが唯一の弱点です。

ただ、その分カセットコンロの火力があります。

「エックスグリル」と「やきまる」のおすすめは?

火力はそこまで強くないけど、電気のみで手軽に使えるのが良い方には「エックスグリル」シリーズ。

カセットコンロは必要になるけど、その分火力が強いほうが良い方には「やきまる」シリーズをおすすめします。

「XGRILL+PLUS」の口コミやレビューまとめ

「XGRILL PREMIUM」は発売間もない為、前機種である「XGRILL+PLUS」の口コミやレビューをまとめました。

購入を検討している方は、参考にしてみてください。

煙や油飛沫について

油の落ちかたが良く、お店の様な網焼きの肉が焼ける。
今まで何台も試行錯誤で買い換えたが断トツで良い商品。
温度を強にすると結構煙りが出るが、少し温度を下げると煙は殆ど出ない。
他のよりは煙は出ませんけど、でも出ます。
家は、ガスコンロの上で使用しますので、あの程度の煙なら、換気扇での排気で問題無しです。
予想以上に煙が出ず、部屋で焼肉をやっても安心して楽しめました。温度も調節が出来て便利です。
油はねも少なく良い商品です。
火力がもうちょい強ければ星5です。
家の中を油だらけにしないで焼肉がしたいと言う、私達の希望通りの商品でした。
この製品に関しても焼肉臭完全に消える事は勿論ないですがホットプレートで焼いていた頃に比べて格段に臭わない。
ファン付の物とも大差を感じない。

お手入れについて

洗い易く気軽に何度も使用できそうで、コスパ最強だと思います。
食べた後の洗いが出来ないのが残念。
掃除のし易さに問題があるようなコメントが有り気にしていましたが、3分割出来て各部が軽いので小さな流し台でも洗浄し易いのでうちには合っていました。
グリルとヒーターが一体型でまる洗いはできないのでメンテナンスしにくい。
他の購入者が書いてる水洗いについては出来ます。
コントローラー差し込み部分を濡らさなければ大丈夫!

火力について

煙に関してはそもそも出ないのでわかりません。
3.4人で囲んで焼いていても最大温度だとすぐ焼けます。
肉、野菜類はまぁまぁ。貝類は開くまで時間がかかりイライラしました。
炭だったら食べている時間かなぁ〜と考えながら気長に待ちました。でも、この製品に不満はありません。
コンパクトで使いやすいですが、電力が弱くて、焼肉等が焼けるのに時間がかかるので、ホットプレートの方早く出来ます。
但し煙は少なくてその点は合格です。
ホットプレートと違い、肉も焼肉屋のように焼け、美味しく食べれるのが良いです。
肉は良く焼けますが、海鮮は肉に比べ時間がかかるのが難点です。

商品について

水を下のトレーに入れ温度調節もスピーディーにでき、お肉も鉄板にこびりつく事がなく、焼き上がりも綺麗で美味しく頂く事が出来ました。
やきまるのガスが大量に廃棄しなければならない問題があり、電気式を探して行き着いた一品。
いろんなレビューがあったが、一人焼肉の自分としては最高であった。
デザインも手入れも早すぎない熱伝導率も良い。
下に油がちゃんと落ちるので、お肉が美味しいく食べられて、後片付けも楽です!

「XGRILL PREMIUM」の最安値をチェック

「XGRILL PREMIUM」が販売されているショップの最安値をまとめました。

(記事更新時の価格なので、最安値が変わっている可能性もあります)

Amazonの最安値

Amazonでは、記事更新時には販売されていませんでした。

「XGRILL PREMIUM」の最安値をAmazonでチェック!

楽天の最安値

楽天では21,800円(送料無料)

「XGRILL PREMIUM」の最安値を楽天でチェック!

yahooショッピングの最安値

ヤフーショッピングでは、記事更新時には販売されていませんでした。

「XGRILL PREMIUM」の最安値をヤフーショッピングでチェック!

記事更新時の「XGRILL PREMIUM」の最安値は、楽天になります。

「XGRILL PREMIUM」商品詳細やスペック

「煙やにおいが気になるから、焼肉は断然外食派!」なんて意見をよく聞きます。
でも、最近は外食もなかなか難しいですよね。

こんな時代だから、おうちでも煙を気にすることなく焼肉を楽しんでほしい!

そんな思いで開発したのが『煙の少ない焼肉グリル XGRILL PREMIUM(エックスグリル プレミアム)』。
煙を94%カットしてくれるから、煙を気にすることなく、おうちでも焼肉を思う存分楽しめます。

まとめ

煙の少ない焼き肉グリル「XGRILL PREMIUM(YGMC-FXT130)」がYAMAZENから発売されました。

煙を94%カットできるので、おうちでも思う存分焼肉を楽しめます。

XGRILLシリーズである「XGRILL PREMIUM」「XGRILL+PLUS」「XGRILL」の違いは以下になります。

「XGRILL PREMIUM」のみ、たこ焼きプレートが付属。

減煙率・油飛沫削減率は、発売日が新しい順に数値が高い。
・「XGRILL PREMIUM」:煙を94%カット、油飛沫削減
・「XGRILL+PLUS」:煙を80%カット、油飛沫削減83%カット
・「XGRILL」:煙を70%カット、油飛沫削減85%カット

サイズ・重さも発売日が新しい順に数値が高くなり、消費電力も増え、価格も高い。
「XGRILL」→「XGRILL+PLUS」→「XGRILL PREMIUM」

1~2人の家庭には、価格が安くコンパクトな「XGRILL」をおすすめします。
1~5人の家庭には、「XGRILL+PLUS」をおすすめします。
1~5人の家庭で、焼肉の他にたこ焼きもしたい方には「XGRILL PREMIUM」をおすすめします。

「エックスグリル」シリーズと「やきまる」シリーズのおすすめは、
火力はそこまで強くないけど、電気のみで手軽に使えるのが良い方には「エックスグリル」シリーズ。

カセットコンロは必要になるけど、その分火力が強いほうが良い方には「やきまる」シリーズをおすすめします。

【関連記事】
WY-D120とWY-C120の違いを比較!口コミや最安値!ピーコック電気焼肉器

アラジン マジックグリラーとグラファイトグリラーの違いを比較!口コミやデメリットは?

やきまるとマルチスモークレスグリルの違いを比較!口コミや最安値は?