SONYネックスピーカーSRS-NB10とSRS-WS1の違い!発売日が延期?

SONYネックスピーカーSRS-NB10とSRS-WS1の違い!発売日が延期?

ソニーからウェアラブルネックスピーカー「SRS-NB10」が発売されます。

肩にのせるだけの耳をふさがない形状で、テレワークや音楽・テレビ視聴などがものすごく快適になります。

コロナ禍のテレワーク需要にぴったりの商品と言えます。

ウェアラブルネックスピーカーの過去モデル「SRS-WS1」の発売から3年弱、大幅に進化した本商品との違いを解説します。

今回の記事は、「SRS-NB10」を深掘りしてみました。

【関連記事】
SC-GN01とSRS-WS1の違いを比較!マイクは?テレビで使える?

パナソニックSC-WN10とソニーSRS-NB10の違いを比較おすすめは?

WH-1000XM4の口コミと最安値!aptx非対応!ソニーのノイズキャンセリング最高峰ヘッドホン

Advertisement

「SRS-NB10」と「SRS-WS1」の違いを比較

「SRS-NB10」の過去モデルは、2017年10月14日に発売された「SRS-WS1」です。

「SRS-NB10」と「SRS-WS1」の違いを比較してまとめました。

用途

「SRS-NB10」:テレワーク・オンライン会議など実用的
「SRS-WS1」:テレビ・映画・ゲームなどを楽しむエンターテイメント用

用途が全然違ってきます。
「SRS-WS1」ではエンタメで楽しむのがメインでしたが、「SRS-NB10」ではテレワークなどのコミュニケーションや炊事洗濯仕事等のあらゆるシーンで電源をつけっぱなしで使えます。

接続方法

「SRS-NB10」:Bluetooth(Bluetooth Ver5.1)接続
「SRS-WS1」:送信機を使った接続

「SRS-WS1」では送信機を使った接続しかできませんでしたが、「SRS-NB10」ではBluetoothでの接続が可能となりました。
かなり接続が楽になりますね。

接続台数

「SRS-NB10」:Bluetooth接続は8台まで、2台の機器に同時接続することも可能
「SRS-WS1」:1つの送信機に対してスピーカーは2台まで接続可能

マイク

「SRS-NB10」:マイク内蔵、マイクのオン・オフ操作が可能なマイクミュートボタン付き、ノイズやハウリングを抑える音声信号処理も採用。
「SRS-WS1」:ーーー

防滴

「SRS-NB10」:IPX4の防滴仕様
「SRS-WS1」:ーーー

充電時間

「SRS-NB10」:連続使用時間=約20時間、充電池充電時間=約4時間
「SRS-WS1」:連続使用時間=約7時間、充電池充電時間=約3時間

「SRS-NB10」は連続使用時間がかなり伸びたのが嬉しいポイントです。

サイズ

「SRS-NB10」:約191mm x 49mm x 185mm (幅 x 高さ x 奥行)、質量 =約113g
「SRS-WS1」:約210mm x 75mm x 205mm(幅 x 高さ x 奥行)、質量=約335g

「SRS-NB10」は、質量が約3分の1と軽くなったので、肩周りが楽になります。

カラー


「SRS-NB10」:チャコールグレー、ホワイト
「SRS-WS1」:グレー

「SRS-WS1」では1種類でカラーを選択できませんでしたが、「SRS-NB10」では2パターンから選択できます。

「SRS-NB10」の最安値をAmazonでチェック!

「SRS-WS1」の口コミ

「SRS-NB10」は発売前の為、代わりに前モデル「SRS-WS1」の口コミをまとめました。

購入希望の場合は参考にしてみてください。

音質について

音質はテレビやスマホから垂れ流すよりずっと良く、同じ値段で買える普通のスピーカーやヘッドホンよりは悪い程度です。
音楽を流せば音が何処からともなく湧き出るように感じが良いです。
これ経由で聴くと耳元で小さな音でも聞こえるかなりいいです。
小さなお子さんがいらっしゃるご家庭でもいいかもです。
まとめると、デジタル出力なら音質は悪くありません。
TVのイヤホンジャックから拾うと、内蔵スピーカー程度になります。
自宅のTVに光出力端子があるならこちらから取るのが最良です。
スピーカーが耳のすぐ近くにあるというだけのことです。音の指向性は感じません。
音に包まれる感覚も全くありません。ウエアラブルスピーカーってこの程度のものだったの?という思いです。
家の向かいで工事があり、大変な騒音の時がありましたが、このネックスピーカーなら問題なく聞き取れました。
ホームシアターではかなりの爆音でないと聞き取れなかったので、大変重宝しました。
確かに低音も感じられますが、予想以上に周りに響く音が大きい!
納得の行く音の感じを求めようとすると、だいぶボリュームを上げてないとダメ。
普段聞いてるテレビのボリュームと同じ程度に、音が周りに響きます。これじゃあ夜中の一人DVD鑑賞は断念せざるを得ない状況。
音楽を聴くのには正直不向きかと思いますが、テレビやゲームには最適かと思います。
同じゲームをしていても、今までこんな音を聞き漏らしていたのかと驚く程です。

重さについて

商品を箱から出したと時は、重く感じ不安でしたが、装着して使用すると重さは忘れてしまいます。
重すぎて首や肩がこって、使い物にならない。
結構重いので首、肩こりがつらい人にはおすすめしません!

接続について

各種コードが付属しているので様々なものに使えます。
テレビに繋げれば番組視聴やPS4に,iPhone Xに繋げば気軽に動画を見たり、音ゲーにも使えました。

使ってみての口コミ

TV機器のデジタル音声出力(またはイヤホン出力)だけに対応してますが、この割り切りが良い。
TVの映像に集中するしかないし、低音でブルブル震えるのも楽しいです。
これは、今年買ったものの中でベスト1かもしれません。超オススメ。
我が家で年に数度、勃発していた争いの発生率が激減!
周囲への音は0になりませんが、以前の1/3程度しか聞こえなくなりました
私は音によるストレスと、干渉によるトラブルは以前より確実に減りまして、値段以上の価値を感じています。
商品はさすがSONYさんといった所です!
映画やゲーム好きな方にはおすすめできます。
耳のすぐ近くで鳴る音、場面場面の演出に振動が起き、臨場感が増すんですよね

「SRS-NB10」の発売日が延期!?

「SRS-NB10」の発売日は、2021年7月30日です。

しかし、発売延期ならびに受注の停止が発表されました。

理由としては、
「一部規格を満たしていない項目があることが判明した」との事で、変更後の発売日と受注再開については確定し次第あらためて案内するとのことです。

予約等により商品が既に到着しているというユーザーには後日対応方法が案内されるようですが、「お手元の製品のご利用を控えていただきますようお願い申し上げます」と注意喚起が行われています。

発売を楽しみに待っていた方にはショックな話ですが、新たな発売日を楽しみに待ちましょう。

追記

延期になっていて「SRS-NB10」の発売日が2021年9月3日に決定しました。

早めに予約しておきましょう。

「SRS-NB10」スペックや商品詳細

クリアに聞こえるスピーカー
小型サイズながら感度が高いフルレンジスピーカーユニットを斜め前向きに配置し、包まれるようなサウンドを体感。背面にはパッシブラジエーターを搭載しており、通話から音楽鑑賞までバランスの取れた豊かなサウンドを楽しめます。

2つの高音質マイクを搭載
2つのマイクを最適に制御し、高度な音声信号処理をする「高精度ボイスピックアップテクノロジー」を搭載。自分の声を正確かつ鮮明に集音し、生活音下でも相手にクリアな声を届けることができます。また、オンライン会議で発生する不快なハウリングやエコーを抑え、音途切れのない快適な通話を実現します。

周囲を気にせずクリアなサウンド
大きな音を出しにくい時間帯や住環境でも、耳元で音が響くので、小さな音でもクリアなサウンドを楽しめます。

電源:リチウムイオンバッテリー
電池容量:600mAh
電圧・周波数:5V
無線仕様・通信方式:Bluetooth標準規格ver5.1
出力:Bluetooth標準規格Power Class1
最大通信距離(m) :30m
使用周波数帯域:2.4GHz
マイク:形式:MEMS
その他付属品:USB Type-C ケーブル(1)

まとめ

肩にのせるだけで使えるウェアラブルネックスピーカー「SRS-NB10」が、SONYから発売されます。

ウェアラブルネックスピーカーの過去モデル「SRS-WS1」からは大きく進化しています。

テレワークやなどの仕事で使いやすいように設計されていて、ノイズやハウリングを抑える音声信号処理も採用されているので、炊事洗濯等のあらゆるシーンで電源をつけっぱなしで使えます。

2021年7月30日に発売予定でしたが、「一部規格を満たしていない項目があることが判明した」との事で、発売が延期になっています。

発売日と受注再開については、確定次第あらためて案内されるので、楽しみに待ちましょう。

「SRS-NB10」の最安値をAmazonでチェック!

【関連記事】
パナソニックSC-WN10とソニーSRS-NB10の違いを比較おすすめは?

グラスサウンドスピーカーLSPX-S3とLSPX-S2の違いを比較!ハイレゾやWi-Fiは対応?

WH-1000XM4の口コミと最安値!aptx非対応!ソニーのノイズキャンセリング最高峰ヘッドホン