サンコーこたんぽと着るお一人様用こたつ2の違いを比較!口コミやデメリット

サンコーこたんぽと着るお一人様用こたつ2の違いを比較!口コミやデメリット

趣味・家電・生活

サンコーからおひとりさま用着るこたつ「こたんぽ(TK-WOK21BW)」が発売されました。

自分専用の着るこたつで、着たまま歩く事もできるので、家中どこでも暖かくなります。

寒くてこたつから出られない悩みは、着るこたつで解決できます。

今回の記事は、「こたんぽ」と旧型にあたる「着るお一人様用こたつ2」の違いや口コミ等を深掘りしてみました。

【関連記事】
サンコー おひとりさま用着るこたつの口コミと最安値!月の電気代は?

おひとり様こたつ『なごみ』シリーズの口コミと最安値!2つの違いや電気代は?

USBあったかスリッパTK-WSP-21とTKUSBSBRの違いを比較!口コミや最安値

「こたんぽ」と「着るお一人様用こたつ2」の違いを比較



「こたんぽ」と同じくサンコーから発売されていたのが、旧型にあたる「着るお一人様用こたつ2」です。

2つの違いを比較したので、購入の参考にしてみてください。

ヒーターの位置


「こたんぽ」


「着るお一人様用こたつ2」

「こたんぽ」:前全面
「着るお一人様用こたつ2」:お腹部分と足もと

「着るお一人様用こたつ2」ではお腹部分と足もとの2ヶ所だったヒーターが、「こたんぽ」では前全面に配置されているので、暖かさがアップしているのは間違いありません。

「こたんぽ」の表裏はボア素材なので、保温効果も抜群です。

リモコン


「こたんぽ」


「着るお一人様用こたつ2」

「こたんぽ」:大型リモコン
「着るお一人様用こたつ2」:小型リモコン

「こたんぽ」は、大型の液晶リモコンが採用された事で使いやすくなりました。

ケーブルはかんたんに引き抜くことができるので、移動したい時は手軽に抜き差しすることができます。

PTCヒーター

「こたんぽ」には「着るお一人様用こたつ2」になかった、無駄な電力を消費しないPTCヒーターが採用されています。

異常な温度上昇を抑制してくれるので、安全性もアップしています。

消費電力と電気代

「こたんぽ」:119円
「着るお一人様用こたつ2」:42円
(最大温度で1日3時間を30日使った場合)

「こたんぽ」のほうがヒーターの面積が多いので消費電力も電気代も高くなりますが、温度を低くすれば電気代も抑えられます。

それにしても、一ヶ月で119円しかかからないのは嬉しいですね。通常のこたつなら700円くらいかかるので、かなり節約できます。

温度設定

「こたんぽ」:約30度、約33度、約36度、約39度、約42度、約45度
「着るお一人様用こたつ2」:35度、45、55度

「こたんぽ」のほうが細かい温度設定が可能になりました。

タイマー設定

「こたんぽ」:30分/60分/90分
「着るお一人様用こたつ2」:5分/10分/30分/60分/90分

「着るお一人様用こたつ2」のほうが細かいタイマー設定ができました。

サイズ・重量


「こたんぽ」


「着るお一人様用こたつ2」

「こたんぽ」:幅480×高さ1290×奥行320(mm)、約1980g
「着るお一人様用こたつ2」:幅460×高さ1200×奥行300(mm)、約1170g

サイズは大きな違いがありませんが、「こたんぽ」のほうが重量が倍近く重くなっています。

カラー

「こたんぽ」:ブラウン
「着るお一人様用こたつ2」:ブラウングレー

どちらもカラーバリエーションは1色のみです。

価格

「こたんぽ」:9,800円
「着るお一人様用こたつ2」:7,980円

違いのまとめ

「こたんぽ」と「着るお一人様用こたつ2」の違いをまとめました。

こたんぽの進化したポイント
・ヒーターが前全面に配置された事で大幅に暖かさがアップ
・リモコンが大型で見やすくなった
・PTCヒーターが採用されて、無駄な電力を消費せず、異常な温度上昇を抑制
・細かい温度設定が可能になった
こたんぽで退化したポイント
・ヒーター部分が大きくなった事で消費電力と電気代が増えた
・タイマー設定が5つから3つに減った
・重量が倍近く重くなった
・価格が約2000円高くなった

個人的には、価格が高くても格段に暖かくなった「こたんぽ」をおすすめします。

※「着るお一人様用こたつ2」は完売となっています。
「着るお一人様用こたつ2」をAmazonでチェック!

「こたんぽ」の口コミやレビューまとめ

「こたんぽ」の口コミやレビューをまとめました。

購入を検討している方は、参考にしてみてください。

暖かさについて

●暑いくらい凄い暖かい。

●電源を入れて温まるまでのスピードが予想以上に速い。

●生地はフワフワなので電源を入れなくても温かいです。
電源を入れるとさらに温かく、頭がぼーっとすることがないので、テレワークにぴったり。

デメリット

●履いたり脱いだりが少し面倒。

●もう少し腰のところが長くてもよかったかな

●製品ページに有る画像ほど脱着ケーブルの本体側が伸びないから手探りでの抜き差しになる。

●汗をかいたときに湿った感じになるのが難点

●購入前に想像してた通りだけど、着たままで歩きづらい、あぐらがかけない。

●面ファスナーが逆についているから、布製ソファーに張り付くのが不快です。

メリット

●移動したいときに、いちいち脱がなくても足を出して歩けるのが良い

●使ったら手放せなくなりました。

●リモコンが小さくて邪魔にならない

●生理痛が酷い時に使うと痛みが緩和されたから女性の方にオススメ。

●操作がめっちゃ簡単です。

身長について

●身長167cmで、ウエストで止めても問題なく足が伸ばせる。

●身長175センチですが窮屈でもなく丁度よい

「こたんぽ」の最安値をチェック

「こたんぽ」が販売されているショップの最安値をまとめました。

(記事更新時の価格なので、最安値が変わっている可能性もあります)

販売元サンコーの最安値

サンコーでは9,800円

「こたんぽ」をサンコーでチェック!

Amazonの最安値

Amazonでは9,790円

「こたんぽ」の最安値をAmazonでチェック!

楽天の最安値

楽天では9,799円(送料無料)

「こたんぽ」の最安値を楽天でチェック!

yahooショッピングの最安値

ヤフーショッピングでは9,799円(送料無料)

「こたんぽ」の最安値をヤフーショッピングでチェック!

記事更新時の「こたんぽ」の最安値は、Amazonになります。

「こたんぽ」の発売日はいつ?

「こたんぽ」の発売日は、2021年10月25日です。

すでに発売されているので、即購入できます。

「こたんぽ」商品詳細やスペック

家中どこでもあったかい自分専用の着るこたつ。

自分専用の「着る」こたつで家中どこでもあたたかく過ごすことができます。
カラダをすっぽり包むことができるこの着るこたつ、前全面にヒーターを内蔵しているためとってもぽかぽか!
裏も表もふわふわあったか〜いボア素材でしっかり保温してくれます。

この着るこたつ、あたたかいのはもちろん、なんといってもそのまま歩けてしまうんです!

一般的なこたつだと出た瞬間冷気でぶるっとしてしまうところですが、これなら大丈夫。
着たまま足を出せるから家中どこでもぽかぽかのまま移動することができるんですよ。

サイズ
本体:幅480×高さ1290×奥行320(mm)
ヒーター:幅400× 高さ900(mm)
重量
本体:約1980g
ヒーター:約250g
コントローラースイッチ及びケーブル:約450g
入力:AC100V
定格周波数:50Hz/60Hz
定格最大消費電力:50W
材質:表面 ポリエステル/ 裏面 ポリエステル
温度制御:二線式ヒーター(PTC ヒーター線、検知線)
洗濯方法:手洗い
ケーブル長:電源プラグ部分からリモコンまでの長さ:約190cm
リモコンから本体ソケット口までの長さ:約85cm
全長:約300cm
内容品:本体、コントローラースイッチ、日本語説明書

直接購入する方法

東京の秋葉原にあるサンコーショップで直接購入する事ができます。

サンコー秋葉原総本店
〒101-0021
東京都千代田区外神田3-14-8 新末広ビルB
[営業時間] 月~木 日・祝:AM11:00 – PM7:00 / 金・土:AM11:00 – PM8:00
[休業日] 年中無休(※年末年始は除く)
[交通アクセス] JR秋葉原駅より徒歩5分、地下鉄 末広町駅より3分

レアモノショップ2号店
〒101-0021
東京都千代田区外神田4-6-3前里ビル1F
[営業時間] 木・日・祝:AM11:00 – PM7:00 / 金・土:AM11:00 – PM8:00
[休業日] 月・火・水曜日
[交通アクセス] JR秋葉原駅より徒歩8分、地下鉄 末広町駅より2分

まとめ

おひとりさま用着るこたつ「こたんぽ」が、サンコーから発売されました。

着たまま歩く事もできる自分専用の着るこたつで、寒くてこたつから出られない悩みが解消できます。

「こたんぽ」と旧型にあたる「着るお一人様用こたつ2」の違いは多いです。

■こたんぽの進化したポイント
・ヒーターが前全面に配置された事で大幅に暖かさがアップ
・リモコンが大型で見やすくなった
・PTCヒーターが採用されて、無駄な電力を消費せず、異常な温度上昇を抑制
・細かい温度設定が可能になった

■こたんぽで退化したポイント
・ヒーター部分が大きくなった事で消費電力と電気代が増えた
・タイマー設定が5つから3つに減った
・重量が倍近く重くなった
・価格が約2000円高くなった

価格が高くても、圧倒的に暖かさと安全性を備えた「こたんぽ」をおすすめします。

【関連記事】
YKARR120J1TセットとYKADR120J1Tセットの違いを比較!布団レスこたつの最安値

おひとり様こたつ『なごみ』シリーズの口コミと最安値!2つの違いや電気代は?

YKFRF105H1Tの口コミと最安値!YKFRF120H1Tとの違いや電気代は?2020年こたつ新モデル5

サンコー おひとりさま用着るこたつの口コミと最安値!月の電気代は?