DMM.makeシネマライトとポップインアラジンと2とSEの違いを比較しておすすめ

DMM.makeシネマライトとポップインアラジンと2とSEの違いを比較しておすすめ

趣味・家電・生活

DMMからシーリングライト「DMM.make CINEMA LIGHT(シネマライト)」が発売されました。

照明一体型プロジェクターになっていて、天井にある照明用の引掛けシーリングに簡単に取り付けて、プロジェクターが楽しめます。

置く場所に困らず、邪魔にならず、小さなお子様がいても倒す心配も要りません。

今回の記事は、「DMM.makeシネマライト」と、シーリングライトの元祖であるポップインアラジンシリーズ3機の違いを深掘りしてみました。

【関連記事】
ポップインアラジン2とプラスの違いや口コミ!デメリットや電気代は?

ポップインアラジンと2とSEの違いを比較しおすすめは?口コミや最安値

Anker Nebula Novaとポップインアラジン2とSEの違いを比較!欠点のないプロジェクター

「DMM.makeシネマライト」とポップインアラジンシリーズの違いを比較

「DMM.makeシネマライト」とpopIn Aladdin(ポップイン アラジン)シリーズの3機種「ポップインアラジン」「ポップインアラジン2」「ポップインアラジンSE」の違いを比較したので、購入の参考にしてみてください。

入力端子

「DMM.makeシネマライト」:HDMI×2、USB×2
「ポップインアラジン」:なし
「ポップインアラジン2」:なし
「ポップインアラジンSE」:なし

「DMM.makeシネマライト」では、HDMI端子が2つあるのでFireTVやゲームの接続が簡単です。

ただし、HDMIケーブルが、天井の「DMM.makeシネマライト」から垂れ下がってくる形になるのがデメリットです。

「ポップインアラジン」では、YouTube、Amazonプライム・ビデオ、 Netflix、などの動画サービスがインストールされているので、HDMIケーブル無しで利用できます。

ただし、ケーブルによる接続ができないためゲーム機器は一切接続することができません。

アラジン コネクターでHDMI接続が可能に

ポップインアラジンシリーズは、Aladdin Connector(アラジン コネクター)を使えば、ワイヤレスHDMI接続でNintendo Switchなどのゲーム機をつなげてゲームをプレイできるようになりました。

ゲームができるようになったのは嬉しいポイントですね。

上下可動域

「DMM.makeシネマライト」:0~26°
「ポップインアラジン」:0~18°
「ポップインアラジン2」:0~32°
「ポップインアラジンSE」:0~18°

「DMM.makeシネマライト」の可動域は、「ポップインアラジン2」の次に大きいです。

投影距離

「DMM.makeシネマライト」:1.5m=50インチ(2m=70インチ)
「ポップインアラジン」:1.78m=60インチ
「ポップインアラジン2」:1.78m=100インチ
「ポップインアラジンSE」:1.78m=60インチ

「DMM.makeシネマライト」の投影距離は、「ポップインアラジン」や「SE」とほぼ同じです。

光束(明るさ)

「DMM.makeシネマライト」:150 ANSI
「ポップインアラジン」:700 ANSI
「ポップインアラジン2」:700 ANSI
「ポップインアラジンSE」:500 ANSI

ポップインアラジンシリーズに比べて、「DMM.makeシネマライト」の光源の明るさはかなり低いです。

OS

「DMM.makeシネマライト」:なし
「ポップインアラジン」:Android OS
「ポップインアラジン2」:Android 9.0
「ポップインアラジンSE」:Android 9.0

「DMM.makeシネマライト」はOSが無く、アプリが入れられないので外部入力が必須になります。

シーリングライト

「DMM.makeシネマライト」:調光(10段階)・調色(11段階)
「ポップインアラジン」:調光・調色 36通り
「ポップインアラジン2」:調光・調色 10,000通り
「ポップインアラジンSE」:調光・調色 36通り

「DMM.makeシネマライト」は、調光が10段階で調色が11段階選択できるので、合計110通りの組み合わせができます。

スピーカー

「DMM.makeシネマライト」:2台 8W+8W
「ポップインアラジン」:1台 5W+5W
「ポップインアラジン2」:2台 8W+8W
「ポップインアラジンSE」:1台 3W+3W

「DMM.makeシネマライト」は、「ポップインアラジン2」と同じく、8W2台のスピーカーを備えています。

サイズ

「DMM.makeシネマライト」:425×140×420mm
「ポップインアラジン」:476×169×476mm
「ポップインアラジン2」:476×145×476mm
「ポップインアラジンSE」:476x169x476mm

「DMM.makeシネマライト」が一番コンパクトなサイズです。

カラー

「DMM.makeシネマライト」:ホワイト
「ポップインアラジン」:ホワイト
「ポップインアラジン2」:ホワイト
「ポップインアラジンSE」:ホワイト

価格

「DMM.makeシネマライト」:67,980円
「ポップインアラジン」:79,800円
「ポップインアラジン2」:99,800円
「ポップインアラジンSE」:74,800円

「DMM.makeシネマライト」が一番安い価格に設定されています。

違いのまとめ

「DMM.makeシネマライト」は、「ポップインアラジンシリーズ3機種との違いをまとめました。

・入力端子
・上下可動域
・投影距離
・光束(明るさ)
・OS
・シーリングライト
・スピーカー
・サイズ
・価格

以上の点から、どんな人にどちらがおすすめかまとめました。

「DMM.makeシネマライト」をおすすめする人
・HDMIとUSBの入力端子が必要な人
・天井からHDMIケーブルが垂れ下がってても問題ない人
・OSが搭載されてなくても問題ない人
・明るさが多少低くても問題ない人
ポップインアラジンシリーズをおすすめする人
・高機能なシーリングライトを使いたい人
・入力端子無しでAmazonプライム・ビデオ、やNetflixを観たい人
・できる限り明るい画面が良い人

「ポップインアラジン2」の口コミやレビューまとめ

ポップインアラジンシリーズで一番高機能な「ポップインアラジン2」の口コミやレビューをまとめました。

購入を検討している方は、参考にしてみてください。

映像について

●大画面で映画を見たいという人にぴったり

●壁からけっこう離れてもしっかり写る

●想像以上に画質が良く満足

●映し出される映像がとてもきれいで感動します

メリット

●アラジンコネクターとポップインアラジンをアプリで接続すればゲームもできて完璧

●大画面なので映画館に行った気分になれる

●取り付けも設定もめちゃくちゃ簡単

●テレビアプリを連携すればテレビも見れるのが嬉しい

●ワイヤレスHDMI Aladdin Connectorで、やっとゲームができるようになった

●テレビとテレビ台が要らなくなり、部屋がスッキリ

●起動時の音も静かで気にならない

デメリット

● 本体がもう少し小さければ良いかな

●無料アプリがもっとあると嬉しいです

●Wi-Fiの問題もあるのか接続が不安定

●明るいところの映写でも、もう少しはっきり見えるようになると何も言うことはない

「DMM.makeシネマライト」の最安値をチェック

「DMM.makeシネマライト」が販売されているショップの最安値をまとめました。

(記事更新時の価格なので、現在の価格は下記リンクからご確認ください。)

Amazonの最安値

Amazonでは30,591円

「DMM.make CINEMA LIGHT」の最安値をAmazonでチェック!

楽天の最安値

楽天では、記事更新時には販売されていませんでした。

「DMM.make CINEMA LIGHT」の最安値を楽天でチェック!

yahooショッピングの最安値

ヤフーショッピングでは、記事更新時には販売されていませんでした。

「DMM.make CINEMA LIGHT」の最安値をヤフーショッピングでチェック!

記事更新時の「DMM.makeシネマライト」の最安値は、Amazonになります。

「DMM.makeシネマライト」の発売日はいつ?

「DMM.makeシネマライト」の発売日は、2021年12月8日です。

「DMM.makeシネマライト」商品詳細やスペック

■ライトを交換するだけで、プロジェクターが楽しめる
部屋のライトからDMM.make CINEMA LIGHTに交換するだけで、お部屋でプロジェクターが使えるようになります!天井につけるので掃除の時に片付ける必要もなく、ちいさなお子様がいても触れないので安心です。

■Fire TV Stick等をつけて、様々な動画を鑑賞
DMM.make CINEMA LIGHTにFire TV Stick等のデバイスを接続することで、Amazonプライムビデオだけでなく、YouTube、NetflixやU-NEXT等、様々な動画ストリーミングサービスを大画面で堪能しましょう。

■使用シーンごとに調節できるライト
調光(10段階)・調色(11段階)で調整できるので、リビングや寝室など場所を選びません。
*13㎡以上の部屋で使うときは、別の照明機器と合わせての利用を推奨します。

■取り付けは簡単
天井にある照明用の引掛けシーリングに簡単に取り付けられます。

■投写距離と画面サイズ
1.5mで約55インチ、2mで約75インチサイズの映像をお楽しみいただけます。

方式:DLP
光源:RGB LED
LED寿命:20000時間
表示解像度:854×480
光束:150ANSIlm
入力:HDMI1.4×2(最大1920×1080信号入力対応)
出力:USB-A×2(USB電源供給用(5V,最大2A))
台形補正:手動4点調整
言語:日本語/英語/中国語

まとめ

プロジェクター「DMM.make CINEMA LIGHT(シネマライト)」が発売されました。

天井に簡単に取り付けられて、プロジェクターを置く場所に困らないシーリングライトです。

「DMM.makeシネマライト」とポップインアラジンシリーズの違いが以下になります。
・入力端子
・上下可動域
・投影距離
・光束(明るさ)
・OS
・シーリングライト
・スピーカー
・サイズ
・価格

HDMIとUSBの入力端子が必要な人は「DMM.makeシネマライト」。
それ以外の人にはポップインアラジンシリーズをおすすめします。

【関連記事】
Anker Nebula Novaとポップインアラジン2とSEの違いを比較!欠点のないプロジェクター

ポップインアラジンと2とSEの違いを比較しおすすめは?口コミや最安値

ポップインアラジン2とプラスの違いや口コミ!デメリットや電気代は?