サーモス 真空断熱スープジャー JBR-300の口コミと最安値!JBT-300と違いは?

サーモス 真空断熱スープジャー JBR-300の口コミと最安値!JBT-300と違いは?

THERMOS(サーモス)から、真空断熱スープジャー「JBR-300」が発売されました。

この商品は、魔法びんタイプのスープジャーです。

温かいスープ・カレー・おでん・ぜんざいなどをパパっと入れておくだけで、しっかりと保温して暖かいランチを食べられます。

”保温といえばサーモス”と言われる最高の品質を誇っているので、安心感も抜群です。

今回の記事は、「JBR-300」を深掘りしてみました。

Advertisement

「JBR-300」の口コミやレビューまとめ

「JBR-300」の口コミやレビューをまとめました。

購入を検討している方は、参考にしてみてください。

保温力が高く温かいまま食べられる

息子から「昼に温かい味噌汁とかスープとか飲みたいなぁ」と言われ購入。
毎朝、具沢山の味噌汁やポトフを作って、おにぎりと一緒に持たせています。
温かいまま飲めているようです。
引用:Amazonレビュー
朝5時に、あらかじめ温めておいたスープジャーに沸騰したスープを入れて、お昼1時頃に食べますが、まだ熱いくらいの保温力があります。
別売りの専用ケースも利用していますが、さすがサーモス。
引用:Amazonレビュー
最近流行りのスープジャ-ですが思っていたより良かったです。
温かいスープがお昼に食べれて最高でした。
引用:Amazonレビュー

温かいものが食べられると昼食の満足度が上がる

スープが漏れない

予備校通いの息子が、リュックに入れて自転車で登校してますが、今まで一度も漏れてたことも無く、中身も温かい(熱い)ようです。
引用:Amazonレビュー

洗いにくいポイントがある

洗いやすさは細かい部品があり、職場で洗いにくいのが難点。
漏れにくさは説明書通りに分量の上限を守れば、ちょっと横に倒れても大丈夫でした。
ただ説明書をちゃんと読まないと上限が分かりにくいのは不親切かも。
引用:Amazonレビュー
今まで他社のを使用してましたが洗いやすくて清潔感が在っていい商品です
引用:Amazonレビュー
洗いにくいという人や、洗いやすいという人がいます(笑)
まとめると、職場では洗いにくく、家ではしっかり洗えるという事でしょうかね。

スープジャーの口当たりがよくて飲みやすい

以前使っていたスープジャーは直接飲むときの口辺りが気持ち悪くあまり好きではありませんでしたが、こちらはきちんと丸みをもって作られているので角々しさがなくとも口あたりがいいです。
引用:カカクコム レビュー

付属の入れ物やスプーンも使いやすい

前の日にあまったカレーや、丼もの、スープなどあたたかいまま食べれるのでとてもありがたいです。
冬場はとても重宝しそうです。
付属の入れ物やスプーンも購入し使っていますが、とても使いやすいです。
引用:カカクコム レビュー

デザインがスタイリッシュ

この新シリーズはフタと容器に一体感があり、スタイリッシュで、使いやすく、洗いやすいです。
朝少しの調理でお弁当時には温かく、ジャストな柔らかさに。
引用:楽天レビュー
デザイン、保温力ともに抜群です。また追加で購入します。
引用:ヤフーショッピング レビュー

入れておくだけで、おかゆが作れる

軽量で軽量コンパクト

軽量コンパクト。蓋の開閉もラクチンでした。
引用:ヤフーショッピング レビュー

「JBR-300」の最安値をチェック

「JBR-300」が販売されているショップの最安値をまとめました。
(記事更新時の価格なので、最安値が変わっている可能性もあります)

Amazonの最安値

Amazonでは、1,964円

カラーにより価格が異なります。
ブラウン:2,118円
ホワイト:1,964円
レッド:1,964円
「JBR-300」の最安値をAmazonでチェック!

楽天の最安値

楽天では2,090円(送料700円)
「JBR-300」の最安値を楽天でチェック!

yahooショッピングの最安値

ヤフーショッピングでは1950円(送料900円)
「JBR-300」の最安値をヤフーショッピングでチェック!

記事更新時の、「JBR-300」の最安値は、送料を考えるとAmazonになります。

「JBR-300」の発売日はいつ?

「JBR-300」の発売日は、2020年9月1日です。

発売されたばかりのサーモス最新機種なので、期待しかありません。

「JBR-300」スペックや商品詳細


サーモスの〇弁だからできるのは、四角いお弁当ではできない楽しみ方
あたたかいスープから冷たいサラダ、カレーまで。パパっといれて、すぐできあがり。あたたかいものをそのまま入れるから、料理を冷ます時間もいりません。

お弁当を食べる時間はもちろん、考えてつくる時間までまるごとたのしくなるように。魔法びんタイプのスープジャーだからできる、サーモスからのおべんとう生活の提案です。

真空断熱スープジャー JBRシリーズについて
持ち運びに便利なコンパクトサイズ
※JBR-300

口当たりがやさしい!

ステンレス製魔法びん構造
高い保温・保冷力で食べごろ温度をキープ

クリックオープン構造のフタ
フタを少し回すとクリック構造が中の圧力を逃がします

お手入れカンタン
フタはパーツが分かれるので、すみずみまで洗えます。食洗機にも対応。
※本体は入れないでください。

熱いものから冷たいものまで
スープやシチューだけでなく、デザートにも最適。一人分にぴったりのサイズ

●口元が丸口になり優しい口当たりに
●温かいごはんはもちろん、スープやカレーなどランチの幅が広がる
●ステンレス製魔法びんと同じ高い保温・保冷力
●オフィスでも学校でも、毎日のランチをもっと楽しく
●クリックオープン構造採用。開けやすさにこだわったスープジャーの進化型
●フタを少し回すとクリック構造が中の圧力を逃す。さらにフタを回すとフタが開く
●パーツが分かれてるので洗いやすい

サイズ(約):幅9×奥行9×高さ11.5cm・口径/6.5cm、容量:0.3L
本体重量(約):0.3kg
素材・材質:本体/ステンレス鋼 (アクリル樹脂塗装) 、外フタ/ポリプロピレン (発泡ポリプロピレン内蔵) 、内フタ/ポリプロピレン、ベンパッキン/シリコーンゴム、シールパッキン/シリコーンゴム
生産国:中国
保温効力:56度以上 (6時間) 、保冷効力:12度以下 (6時間)
サーモス 真空断熱スープジャー 300ml ブラウン JBR-300 BW

「JBR-300」のカラーバリエーション

「JBR-300」のカラーバリエーションは、3パターンです。

●ブラウン 
●ホワイト 
●レッド 

どのカラーもシンプルでカッコいいです。

「JBR-300」と「JBT-300」の違い

「JBT-300」は2019年に発売された、「JBR-300」の前モデルです。

「JBR-300」のほうが最新モデルなので、「JBT-300」よりもちろん進化しています。

●飲み口を丸くしたので口当たりが優しくなった

●保温効力がアップしていて、「JBT-300」よりも300mlと400mlではプラス1℃、500mlではプラス 2℃(ともに 6 時間)上がった。

価格も100円弱しか変わらないので、最新モデルの「JBR-300」をおすすめします。

「JBR-300」の容量違いなタイプ

「JBR-300」は300ml入ります。
300mlでは足りない場合、容量違いの2商品も販売されています。

400ml入る「JBR-400」と、500ml入る「JBR-500」です。

それぞれカラーはブラウン・ホワイト・レッドの3パターン。
性能に違いはありませんが、容量が違うのでサイズも変わってきます。

容量400ml「JBR-400」

容量500ml「JBR-500」

「JBR-300」のサイズ
サイズ(約):幅9×奥行9×高さ11.5cm・口径/6.5cm、容量:0.3L
本体重量(約):0.3kg

「JBR-400」のサイズ
サイズ(約):幅9.5×奥行9.5×高さ12.5cm・口径/7cm、容量:0.4L
本体重量(約):0.3kg

「JBR-500」のサイズ
サイズ(約):幅9.5×奥行9.5×高さ13.5cm・口径/7.2cm、容量:0.5L
本体重量(約):0.3kg

どれを選ぶかは、食べる人の量によって決めるのをおすすめします。

まとめ

真空断熱スープジャー「JBR-300」が、サーモスから発売されました。

魔法びんタイプのスープジャーで、温かい料理をそのまま入れておくだけで、しっかり保温してくれます。

ランチに温かい物を食べるだけで、満足感がワンランクアップします。

寒い冬を乗り切るためにも、最高の品質をもつサーモスのスープジャーをおすすめします。