象印の加湿器4種類の違い!EE-RR35・50とEE-DC35・50を比較!

象印の加湿器4種類の違い!EE-RR35・50とEE-DC35・50を比較!

趣味・家電・生活

象印からスチーム式加湿器の4機種「EE-DC35」「EE-DC50」「EE-RR35」「EE-RR50」が発売されました。

沸とうさせた蒸気を約65℃まで冷ましてお部屋を加湿しするスチーム式の加湿器です。

「チャイルドロック」「ふた開閉ロック」「転倒湯もれ防止構造」のトリプル安心設計で、お子様が居ても安全に使用できます。

今回の記事は、「EE-DCシリーズ」と「EE-RRシリーズ」の違い、
「EE-DC35」「EE-DC50」の違い、「EE-RR35」「EE-RR50」の違いを深掘りしてみました。

【関連記事】
RXTとLXシリーズの違いを比較!家電芸人でも紹介のダイニチハイブリッド加湿器

カップヌードル加湿器とスペシャルパッケージver.の違い!口コミや最安値

KYOKA ハイブリッド式加湿器 LH-2027の口コミと最安値!大容量3.8Lでコスパ抜群

「EE-DCシリーズ」と「EE-RRシリーズ」の違いを比較

象印スチーム式加湿器「「EE-DCシリーズ」と「EE-RRシリーズ」の、2つのシリーズの違いを比較したので、購入の参考にしてみてください。

デザインの違い


「EE-DC35」


「EE-DC50」


「EE-RR35」


「EE-RR50」

デザインが違い、ボタンの配置も違います。

カラーバリエーション

「EE-DC35」:グレー、ホワイト
「EE-DC50」:グレー、ホワイト
「EE-RR35」:ホワイト
「EE-RR50」:ホワイト

「EE-DCシリーズ」は2つのカラー、「EE-RRシリーズ」はホワイトのみとなります。

容量の違い

「EE-DC35」:3.0L
「EE-DC50」:4.0L
「EE-RR35」:2.2L
「EE-RR50」:3.0L

「EE-DCシリーズ」のほうが、2機種ともに容量が多いです。

どの機種も型番からは想像できない容量なので、間違えないように気をつけましょう。

加湿連続時間

「EE-DC35」: 【強】約8時間、【中】約16時間、【弱】約32時間
「EE-DC50」: 【強】約8時間、【中】約16時間、【弱】約32時間
「EE-RR35」: 【強】約6時間、【弱】約27時間
「EE-RR50」: 【強】約6時間、【弱】約24時間

「EE-DCシリーズ」は3段階、「EE-RRシリーズ」は2段階から設定できます。

「EE-DCシリーズ」はどちらも同じ加湿連続時間ですが、「EE-RRシリーズ」は弱モードで時間の違いがあります。

タイマー

「EE-DC35」:入タイマーは4・6・8時間、切タイマーは1・2・4時間
「EE-DC50」:入タイマーは4・6・8時間、切タイマーは1・2・4時間
「EE-RR35」:入タイマーは6時間、切タイマーは2時間
「EE-RR50」:入タイマーは6時間、切タイマーは2時間

「EE-DCシリーズ」は3段階のタイマー設定が可能ですが、「EE-RRシリーズ」は1段感のみの設定となります。

明るさ切替

「EE-DC35」:明/暗※2段階
「EE-DC50」:明/暗※2段階
「EE-RR35」:無し
「EE-RR50」:無し

「EE-DCシリーズ」には明るさ切替機能が付いています。

加湿器の明るさが気になる人は、明るさ切替え機能は嬉しいポイントですね。

サイズと重量の違い

「EE-DC35」:24×27.5×32.5(cm)、2.7(kg)
「EE-DC50」:24×27.5×36.5(cm)、2.9(kg)
「EE-RR35」:24×26×27.5(cm)、2.3(kg)
「EE-RR50」:24×26×31.5(cm)、2.4(kg)
(幅×奥行×高さ)

価格の違い

「EE-DC35」:22,680円
「EE-DC50」:25,400円
「EE-RR35」:13,400円
「EE-RR50」:14,828円
(楽天最安価格)

「EE-DCシリーズ」のほうが高機能な分、価格が高いです。

「EE-DCシリーズ」と「EE-RRシリーズ」違いのまとめ

「EE-DCシリーズ」と「EE-RRシリーズ」の違いは、主に以下8つです。

・デザインの違い
・カラー
・容量
・加湿連続時間
・タイマー
・明るさ切替
・サイズと重量
・価格

以上の点から、どんな人にどちらがおすすめかまとめました。

「EE-DCシリーズ」をおすすめする人
・容量が多いほうが良い人
・グレーとホワイトからカラーを選びたい人
・加湿連続時間を3段階から選びたい人
・タイマーを3段階から選びたい人
・明るさ切替をしたい人
・価格は高くても高機能なほうが良い人
「EE-RRシリーズ」をおすすめする人
・容量が少なくても問題ない人
・カラーはホワイトで問題ない人
・加湿連続時間を2段階から選びたい人
・タイマーは1段階で問題ない人
・明るさ切替が無くても問題ない人
・できる限り安く購入したい人

「EE-DC35」「EE-DC50」の違いを比較


「EE-DC35」


「EE-DC50」

EE-DCシリーズである2つの商品の違いを比較したので、購入の参考にしてみてください。

容量


「EE-DC35」:3.0L
「EE-DC50」:4.0L

型番からもわかるように容量が違います。
ただし、「EE-DC50」は5Lではなく4Lなので間違えないように気をつけましょう。

加湿時の消費電力

「EE-DC35」:305W
「EE-DC50」:410W

湯沸かし立ち上げ時の消費電力は同じですが、加湿時の消費電力だけ違いがあります。

定格加湿能力

「EE-DC35」:350(mL/h)
「EE-DC50」:480(mL/h)

水を水蒸気にして加湿できる量が違います。
「EE-DC35」は1時間に350mL、「EE-DC50」は1時間に480mL加湿できます。

適用床面積

「EE-DC35」:木造和室10㎡(6畳)、プレハブ洋室16㎡(10畳)
「EE-DC50」:木造和室13㎡(8畳)、プレハブ洋室22㎡(13畳)

容量が違うので適用できる床面積も違います。

サイズと重さ

「EE-DC35」:24×27.5×32.5(cm)、2.7(kg)
「EE-DC50」:24×27.5×36.5(cm)、2.9(kg)
(幅×奥行×高さ)

幅と奥行は同じですが、「EE-DC50」のほうが高さがあり、その分重さもあります。

価格

「EE-DC35」:22,680円
「EE-DC50」:25,400円
(楽天最安価格)

「EE-DC50」のほうが約3000円高い価格になっています。

「EE-DC35」「EE-DC50」違いのまとめ

「EE-DC35」と「EE-DC50」は機能に違いはありません。

容量が違う事で、サイズ・重さ・適用床面積が違い、水を水蒸気にして加湿できる量が違うので、加湿時の消費電力が違います。

以上の点から、どんな人にどちらがおすすめかまとめました。

「EE-DC35」をおすすめする人
・3.0Lの容量で問題ない人
・できるだけサイズが小さいほうが良い人
・できる限り安く購入したい人
「EE-DC50」をおすすめする人
・3.0Lではなく4.0Lの容量が欲しい人
・少し高さがあっても問題ない人
・3000円高いくらいなら問題ない人

「EE-RR35」と「EE-RR50」の違いを比較


「EE-RR35」


「EE-RR50」

EE-RRシリーズである2つの商品の違いを比較したので、購入の参考にしてみてください。

容量(L)


「EE-RR35」:2.2L
「EE-RR50」:3.0L

容量に違いがあります。
どちらも型番からは想像できないので気をつけましょう。

加湿時の消費電力(W)

「EE-RR35」:305W
「EE-RR50」:410W

湯沸かし立ち上げ時の消費電力は同じですが、加湿時の消費電力だけ違います。

定格加湿能力(mL/h)

「EE-RR35」:350(mL/h)
「EE-RR50」:480(mL/h)

水を水蒸気にして加湿できる量が違います。
「EE-RR35」は1時間に350mL、「EE-RR50」は1時間に480mL加湿できます。

適用床面積の目安

「EE-RR35」:木造和室10㎡(6畳)、プレハブ洋室16㎡(10畳)
「EE-RR50」:木造和室13㎡(8畳)、プレハブ洋室22㎡(13畳)

「EE-RR50」のほうが容量が多いので広い部屋で効果を発揮します。

連続加湿時間(h)弱

「EE-RR35」:27(h)
「EE-RR50」:24(h)

強の場合はどちらも6時間と同じ連続加湿時間ですが、弱の場合は「EE-RR35」のほうが長く使えます。

サイズ(cm)と重量(kg)

「EE-RR35」:24×26×27.5(cm)、2.3(kg)
「EE-RR50」:24×26×31.5(cm)、2.4(kg)
(幅×奥行×高さ)

幅と奥行は同じですが、「EE-RR50」のほうが高さがあり、その分若干重いです。

価格(円)

「EE-RR35」:13,400円
「EE-RR50」:14,828円
(楽天最安価格)

「EE-RR50」のほうが約1500円高い価格となっています。

「EE-RR35」と「EE-RR50」違いのまとめ

「EE-RR35」と「EE-RR50」は機能に違いはありません。

容量が違う事で、サイズ・重さ・適用床面積が違い、水を水蒸気にして加湿できる量が違うので、加湿時の消費電力が違います。

モード弱の連続加湿時間は「EE-RR35」のほうが若干長くなっています。

「EE-RR35」をおすすめする人
・2.2Lの容量で問題ない人
・できるだけサイズが小さいほうが良い人
・できる限り安く購入したい人
「EE-RR50」をおすすめする人
・2.2Lではなく3.0Lの容量が欲しい人
・少し高さがあっても問題ない人
・1500円高いくらいなら問題ない人

「EE-DC35」の最安値をチェック

「EE-DC35」が販売されているショップの最安値をまとめました。

(記事更新時の価格なので、現在の価格は下記リンクからご確認ください。)

「EE-DC35」Amazonの最安値

Amazonでは26,200円

「EE-DC35」の最安値をAmazonでチェック!

「EE-DC35」楽天の最安値

楽天では22,680円(送料無料)

「EE-DC35」の最安値を楽天でチェック!

「EE-DC35」yahooショッピングの最安値

ヤフーショッピングでは20,200円(送料無料)

「EE-DC35」の最安値をヤフーショッピングでチェック!

記事更新時の「EE-DC35」の最安値は、ヤフーショッピングになります。

「EE-DC50」の最安値をチェック

「EE-DC50」が販売されているショップの最安値をまとめました。

(記事更新時の価格なので、現在の価格は下記リンクからご確認ください。)

「EE-DC50」Amazonの最安値

Amazonでは27,800円

「EE-DC50」の最安値をAmazonでチェック!

「EE-DC50」楽天の最安値

楽天では25,400円(送料無料)

「EE-DC50」の最安値を楽天でチェック!

「EE-DC50」yahooショッピングの最安値

ヤフーショッピングでは22,000円(送料無料)

「EE-DC50」の最安値をヤフーショッピングでチェック!

記事更新時の「EE-DC50」の最安値は、ヤフーショッピングになります。

「EE-RR35」の最安値をチェック

「EE-RR35」が販売されているショップの最安値をまとめました。

(記事更新時の価格なので、現在の価格は下記リンクからご確認ください。)

「EE-RR35」Amazonの最安値

Amazonでは12,500円

「EE-RR35」の最安値をAmazonでチェック!

「EE-RR35」楽天の最安値

楽天では13,400円(送料無料)

「EE-RR35」の最安値を楽天でチェック!

「EE-RR35」yahooショッピングの最安値

ヤフーショッピングでは12,730円(送料無料)

「EE-RR35」の最安値をヤフーショッピングでチェック!

記事更新時の「EE-RR35」の最安値は、Amazonになります。

「EE-RR50」の最安値をチェック

「EE-RR50」が販売されているショップの最安値をまとめました。

(記事更新時の価格なので、現在の価格は下記リンクからご確認ください。)

「EE-RR50」Amazonの最安値

Amazonでは、記事更新時には販売されていませんでした。

「EE-RR50」の最安値をAmazonでチェック!

「EE-RR50」楽天の最安値

楽天では14,850円(送料無料)

「EE-RR50」の最安値を楽天でチェック!

「EE-RR50」yahooショッピングの最安値

ヤフーショッピングでは14,850円(送料無料)

「EE-RR50」の最安値をヤフーショッピングでチェック!

記事更新時の「EE-RR50」の最安値は、楽天とヤフーショッピングになります。

「EE-DCシリーズ」と「EE-RRシリーズ」の発売日はいつ?

「EE-DCシリーズ」と「EE-RRシリーズ」の発売日は、2021年9月1日です。

4機種が同日発売されました。

まとめ

スチーム式加湿器「EE-DC35」「EE-DC50」「EE-RR35」「EE-RR50」の4機種が象印から発売されました。

スチーム式の加湿器で、「フィルター不要」&「広口容器」でお手入れ簡単です。

「EE-DCシリーズ」と「EE-RRシリーズ」の違いは、主に以下8つです。

・デザインの違い
・カラー
・容量
・加湿連続時間
・タイマー
・明るさ切替
・サイズと重量
・価格

「EE-DCシリーズ」である「EE-DC35」と「EE-DC50」は機能に違いはありません。

容量が違う事で、サイズ・重さ・適用床面積が違い、水を水蒸気にして加湿できる量が違うので、加湿時の消費電力が違います。

「EE-RRシリーズ」である「EE-RR35」と「EE-RR50」は機能に違いはありません。

容量が違う事で、サイズ・重さ・適用床面積が違い、水を水蒸気にして加湿できる量が違うので、加湿時の消費電力が違います。モード弱の連続加湿時間は「EE-RR35」のほうが若干長くなっています。

4機種の中でご自身に合う商品を選んで、快適な加湿器ライフを満喫しましょう。


「EE-DC35」


「EE-DC50」


「EE-RR35」


「EE-RR50」

【関連記事】
Joyhouse ハイブリッド加湿器 J06の口コミと最安値!大容量6Lで湿度設定が全自動

Bestore超音波式加湿器A08の口コミと最安値!他モデルとの違いやおすすめは?

アイリスオーヤマ 加湿器 UTK-230の口コミと最安値!電気代はどれくらい?