バルミューダ コーヒーメーカーK06A-BKとデロンギの違いを比較しておすすめは?

バルミューダ コーヒーメーカーK06A-BKとデロンギの違いを比較しておすすめは?

趣味・家電・生活

バルミューダからコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew K06A-BK」が発売されます。

理想的な、香り・味わい・後味を追求していて、ストロング&クリアなコーヒーを作る事ができます。

美しいデザインに圧倒的な存在感はインテリアにぴったりです。

家電業界で革命を起こしているバルミューダから、初めて発売されるコーヒーメーカーなので話題になっています。

今回の記事は、「BALMUDA The Brew K06A-BK」の商品詳細や、「デロンギ ECAM22112」との違いなどを深掘りしてみました。

【関連記事】
ツインバード 全自動コーヒーメーカー CM-D457Bの口コミと最安値!アメトーク家電芸人2020で紹介

バルミューダ ザ・スピーカーM01Aの口コミと最安値!LED演出を動画でチェック!

バルミューダ ザ・クリーナーC01Aの口コミと最安値!アメトーク家電芸人2020で紹介のコードレス掃除機

「バルミューダ K06A-BK」と「デロンギ ECAM22112」の違いを比較

コーヒーメーカーとして圧倒的な人気を誇るデロンギの中で、バルミューダの「K06A-BK」と近い価格の商品を探すと「ECAM22112」が見つかりました。

2つを比べてみて、どちらがオススメできるかまとめました。

抽出法

「バルミューダ K06A-BK」:クリア ブリューイング メソッド
「デロンギ ECAM22112」:カフェ・ジャポーネ

「バルミューダ K06A-BK」のクリア ブリューイング メソッドとは
従来のコーヒーメーカーにはないテクノロジーで注湯温度をコントロールし、蒸らし・抽出・仕上げと、過程ごとに最適な温度のお湯を瞬間的に沸かします。この徹底的な温度制御・管理を行うことで、理想的な味わいを実現しました。(特許出願中)
「デロンギ ECAM22112」のカフェ・ジャポーネとは
エスプレッソのうまみとドリップのすっきりした後味を融合した「カフェ・ジャポーネ」機能。
豆をハンドドリップのように蒸らしながら抽出することで芳醇な香りとうまみを凝縮した一杯をつくりあげました。

詳しい事はわかりませんが、どちらも美味しいコーヒーが抽出できそうでたまりません。

おすすめ機能

「バルミューダ K06A-BK」:3つのモード(REGULAR・STRONG・ICE)
「デロンギ ECAM22112」:同時2杯抽出可能、二重構造高性能ミルクフロッサー

「バルミューダ K06A-BK」は3つのモードが選択できます。

・REGULAR:丁寧なドリップと、仕上げの加水で、豆の香りと味を引き出しながらも、すっきりとした後味を実現。雑味を抑えた舌触りの良さが特徴
・STRONG:短い間隔で湯を落とすことで、豆の成分をより凝縮。バイパス注湯を行わず、目が覚めるような力強さが特徴ですが、キレのあるクリアな後味
・ICE:氷をたっぷり入れても豊かな味わいを実現するためにICEDモード専用の注湯間隔で、最適な濃度のコーヒーを抽出します。氷で一気に冷やすことで、フレッシュで香り高い

気分やシチュエーションによって使い分けできるのは嬉しいポイントですね。

「デロンギ ECAM22112」は、2杯抽出や二重構造高性能ミルクフロッサーの機能があります。

同時2杯抽出可能
ボタンを押すだけでバリスタが淹れたような挽きたての本格レギュラーコーヒーを簡単にご自宅でお楽しみいただけます。
コーヒーの濃さ(豆の量)やコーヒーの量(抽出量)、抽出温度の設定まで、お好みのコーヒーにカスタマイズ。

二重構造高性能ミルクフロッサー
備え付けのミルクフロッサーを使えば、カフェ顔負けのメニューバリエーションをご自宅でお楽しみいただけます。
誰もがコツ要らずでキメ細かいなめらかなフォームミルクが作れます。

2杯同時に作れるのはすごいですよね。
一人暮らしならそんな場面は無いとしても、家族で暮らしてるならありがたい機能です。

本体サイズ

「バルミューダ K06A-BK」:幅 140×奥行297×高さ379mm(取っ手含む)
「デロンギ ECAM22112」:幅238×奥行430×高さ350mm

「デロンギ ECAM22112」のほうがかなり大きく場所を取ります。

付属品

「バルミューダ K06A-BK」:ドリッパースタンド、計量スプーン、ペーパーフィルター(5枚)
「デロンギ ECAM22112」:クリーニングブラシ、計量スプーン、除石灰剤、水硬度チェッカー、簡易マニュアル

付属品はかなり違いがあって、「デロンギ ECAM22112」のほうが高機能な分、付属品が多いです。

カラーバリエーション

「バルミューダ K06A-BK」:ブラック
「デロンギ ECAM22112」:ブラック、ホワイト

「バルミューダ K06A-BK」はブラックのみの発売です。

価格

「バルミューダ K06A-BK」:59,400円
「デロンギ ECAM22112」:59,800円

価格はほとんど違いがありませんが、「デロンギ ECAM22112」は2019年9月に発売されたので、もう少し安く購入できるショップもあります。

「デロンギ ECAM22112」の最安値をAmazonでチェック!

違いのまとめ

「バルミューダ K06A-BK」と「デロンギ ECAM22112」の違いをまとめました。

メーカーが違うので、抽出方法や機能も全然違っています。

新しいものが好きで、スタイリッシュなデザインを好む方には「バルミューダ K06A-BK」
2杯同時に作れたり、フォームミルクもコーヒーに入れたい方は「デロンギ ECAM22112」をおすすめします。

「K06A-BK」の最安値をチェック

「K06A-BK」が販売されているショップの最安値をまとめました。

(記事更新時の価格なので、最安値が変わっている可能性もあります)

Amazonの最安値

Amazonでは、記事更新時には販売されていませんでした。

「K06A-BK」の最安値をAmazonでチェック!

楽天の最安値

楽天では59,400円(送料無料)

「K06A-BK」の最安値を楽天でチェック!

yahooショッピングの最安値

ヤフーショッピングでは59,400円(送料無料)

「K06A-BK」の最安値をヤフーショッピングでチェック!

記事更新時の「K06A-BK」の最安値は、楽天とヤフーショッピングになります。

「K06A-BK」の発売日はいつ?

「K06A-BK」の発売日は、2021年10月07日です。

バルミューダの商品は予約が殺到して、発売と同時に売切れる事が多いです。

「K06A-BK」はバルミューダ初のコーヒーメーカーで、発売前から話題になっているので、早めの予約をおすすめします。

「K06A-BK」商品詳細やスペック

コーヒーメーカーの常識を覆す緻密な温度制御

コーヒーの個性を引き出す0.2㎖単位の正確なドリップ

クリアな後味を生む新発想・バイパス注湯

どの角度から見ても美しい質感とデザイン。
BALMUDA The Brewの他にない存在感が、素晴らしいひとときをお届けします。

製品名:BALMUDA The Brew
本体寸法:幅 140mm × 奥行 297mm × 高さ 379mm(取っ手含む)
本体重量:約3.4kg
電源:AC100V 50Hz/60Hz
最大容量:サーバー 約500㎖、水タンク 約490㎖
抽出方法:オープンドリップ式

発売元のバルミューダはどんな会社?

バルミューダは日本の家電メーカーで、製品の企画、デザイン、設計、開発、販売をしています。

社名:バルミューダ株式会社
本社:東京都武蔵野市境南町5-1-21
設立:2003年3月

まとめ

コーヒーメーカー「バルミューダザブリュー K06A-BK」がバルミューダから発売されます。

理想的な、香り・味わい・後味を追求した、美しいデザインのコーヒーメーカーになります。

「デロンギ ECAM22112」との違いは多く、抽出方法や機能など多くあります。

新しいものが好きで、スタイリッシュなデザインを好む方には「バルミューダ K06A-BK」
2杯同時に作れたり、フォームミルクもコーヒーに入れたい方は「デロンギ ECAM22112」をおすすめします。

カフェ並みのコーヒーを家で優雅に楽しみましょう。

【関連記事】
ツインバード 全自動コーヒーメーカー CM-D457Bの口コミと最安値!アメトーク家電芸人2020で紹介

バルミューダ ザ・スピーカーM01Aの口コミと最安値!LED演出を動画でチェック!

バルミューダ ザ・クリーナーC01Aの口コミと最安値!アメトーク家電芸人2020で紹介のコードレス掃除機