サンコー 腰ベルトファンLiteと2の違いを比較!口コミや最安値は?

サンコー 腰ベルトファンLiteと2の違いを比較!口コミや最安値は?

サンコーから「腰ベルトファンLite」が発売されました。

首掛け&ベルトにつけて、ハンズフリーで使える2WAY扇風機になります。

ズボンやベルトの腰にフックを掛けて直接体に風を浴びる事もできるアイデア商品です。

暑い夏の必需品になるのは間違いありません。

今回の記事は、「腰ベルトファンLite」を深掘りしてみました。

Advertisement

「腰ベルトファンLite」と「腰ベルトファン2」の違いを比較


2021年に発売されたのが「腰ベルトファンLite」ですが、2020年に発売された前シリーズが「腰ベルトファン2」です。

2つの違いをまとめて比較しました。

サイズ・重量

腰ベルトファンLite:幅75×奥行45×高さ100(mm) ・約168g
腰ベルトファン2:幅75×奥行45×高さ100(mm)・約168g

サイズ・重量はまったく同じです。

風量調節

腰ベルトファンLite:3段階(弱・中・強)
腰ベルトファン2:3段階(弱・中・強)

どちらも風量調節は弱・中・強の3段階で、まったく同じです。

充電時間

腰ベルトファンLite:5V/1.5A 約3時間
腰ベルトファン2:5V/1.5A 約3時間

充電時間もまったく同じになります。

連続使用時間

腰ベルトファンLite:弱:約5時間、中:約2時間、強:約1時間
腰ベルトファン2:弱:約15時間、中:約6時間、強:約3時間

サイズや充電時間が同じなのに、連続使用時間だけ大幅な違いがあります。
腰ベルトファンLiteは、腰ベルトファン2の約3分の1しか連続で使う事ができません。

まさにLiteですね

価格

腰ベルトファンLite:1,680円(サンコーオンラインショップ)
腰ベルトファン2:2,980円(サンコーオンラインショップ)

腰ベルトファンLiteのほうが約半分の価格になります。

違いのまとめ

「腰ベルトファンLite」と「腰ベルトファン2」の違いは2点です。

・連続使用時間
・価格

「腰ベルトファンLite」は「腰ベルトファン2」の約3分の1しか連続で使う事ができません。
その分価格は約半額となっています。

連続使用時間が短くても価格が安いほうが良いなら「腰ベルトファンLite」
価格が高くても連続使用時間が長いほうが良いなら「腰ベルトファン2」をおすすめします。

連続使用時間の欠点を埋める方法

「腰ベルトファンLite」の連続使用時間が少ないという欠点を埋める方法があります。

「腰ベルトファンLite」を3個買う事です。

「腰ベルトファンLite」が3個あれば、「腰ベルトファン2」と同じ時間を連続で使う事ができます。

発売元のサンコーでは、「腰ベルトファンLite」3個セットが27%OFFの3,680円で購入できます。

「腰ベルトファンLite」サンコーオンラインショップ

家族で1個ずつ使うのもありですね(笑)

「腰ベルトファンLite」の口コミやレビューまとめ

「腰ベルトファンLite」の口コミやレビューを探しましたが、発売間もない為見つかりません。

代わりに、前シリーズである「腰ベルトファン2」の口コミをまとめたので、参考にしてみてください。

涼しさについて

Tシャツ着て使ってみたらかなり涼しい。
思ったより風量がでるし、機能としては十分。
上半身だけじゃなくて、下半身とズボン側に風が来たらもっと涼しいのに・・・
腰にも首にもかけられるから、猛暑の中助かっています。
風量が結構強いから、暑さを吹き飛ばして爽快な気分になります。
吹き出し口を小さくして絞っているからなのか、同価格帯では風量が最も強いと思います。

音について

音がかなりうるさく周りに人がいる状態では使いずらい。
服の中で使用する場合は、吸い込み部分と服が接触するため風量が落ちる。
静音性ですが電車の中で使うには問題ないと感じました。
オフィスの中ではさすがに周囲に聞こえる程度にはうるさいですが。
ちょっと音が気になります。
風の強さも申し分なく、音も許容範囲かなと思いました。

使い心地について

両手が塞がらないので、作業しながら使えます。

見た目について

給風口に掛らない様にクリップ部分にとめると、見た目的にちょっと残念になってしまいます。
涼しさには替えられませんが。
長めの上着を着る事多いので、送風口の上に衣類が被る事になります。
手持ちファンとしては使えるんですけどね。

こんな時にも使える

仕事中使っています。
コロナ禍でマスクをしていて顔が火照るので買って良かったです。
草刈り時に最高に使えます。
ペットやベビーカーにつけてもいいんでは?
小型でストラップ等に取り付けられるから。

バッテリーについて

バッテリーの持ちも十分かなと感じました。
父へのプレゼントに買いました。
電池持ちも中か弱であれば全然大丈夫とのことです。
モバイルバッテリーを一緒に持たなくてもいいので煩わしさがなくて良いです。
充電しながらでも使えるので、家で卓上扇風機としても使っています。

「腰ベルトファンLite」の定価と最安値をチェック

「腰ベルトファンLite」の定価は1,680円です。

販売されているショップの最安値をまとめました。

(記事更新時の価格なので、最安値が変わっている可能性もあります)

サンコーの最安値

サンコーでは1,680円

「腰ベルトファンLite」サンコーオンラインショップ

Amazonの最安値

Amazonでは1,680円

「腰ベルトファンLite」の最安値をAmazonでチェック!

楽天の最安値

楽天では、記事更新時には発売されていませんでした。

「腰ベルトファンLite」の最安値を楽天でチェック!

yahooショッピングの最安値

ヤフーショッピングでは、記事更新時には発売されていませんでした。

「腰ベルトファンLite」の最安値をヤフーショッピングでチェック!

記事更新時の「腰ベルトファンLite」の最安値は、サンコーとAmazonになります。

「腰ベルトファンLite」の発売日はいつ?

「腰ベルトファンLite」の発売日は、2021年6月30日です。

暑くなってきたので、ちょうど良い時期の発売です。
夏の必需品になりそうですね。

「腰ベルトファンLite」スペックや商品詳細

首掛けでもベルトにつけても使える小型の2WAY扇風機になります。

ハンズフリーで使えるて、ズボンやベルトにさくっとつけられる小型の扇風機です。

ハンディファンと違い、ベルトフックで腰にかけて使用することで作業しながらでも涼しい空気を体感することができます。
また、本体の外側にもフックがついているため洋服を引っ掛けて固定することで、服の中に直接涼しい空気を送り込むことが可能です。

そして風量は弱、中、強の3段階の調整が可能。
ボタンひとつの簡単操作でいつでも調整することができます。

また、洋服を外側からかけられるフックもポイントのひとつ。
シャツの裾で下の吸い込み口を塞がないように抑えることで風を安定して吸い込むことができます。

「腰ベルトファンLite」のカラーバリエーション

「腰ベルトファンLite」のカラーバリエーションは、ブラックのみです。

「腰ベルトファン2」もブラックのみだったので、他のカラーは今後も発売されないと思います。

発売元のサンコーはどんな会社?

発売元のサンコーは、秋葉原で「サンコーレアモノショップ」を展開していて、家電製品、PC周辺機器やデジタルガジェットを販売しています。

変わり種商品の開発をしている注目のショップです。

直接購入する方法

東京の秋葉原にあるサンコーショップで直接購入する事ができます。

サンコー秋葉原総本店
〒101-0021
東京都千代田区外神田3-14-8 新末広ビルB
[営業時間] 月~木 日・祝:AM11:00 – PM7:00 / 金・土:AM11:00 – PM8:00
[休業日] 年中無休(※年末年始は除く)
[交通アクセス] JR秋葉原駅より徒歩5分、地下鉄 末広町駅より3分

レアモノショップ2号店
〒101-0021
東京都千代田区外神田4-6-3前里ビル1F
[営業時間] 木・日・祝:AM11:00 – PM7:00 / 金・土:AM11:00 – PM8:00
[休業日] 月・火・水曜日
[交通アクセス] JR秋葉原駅より徒歩8分、地下鉄 末広町駅より2分

まとめ

「腰ベルトファンLite」がサンコーから発売されました。

ハンズフリーで使える2WAY扇風機で、首掛け&ベルトにつけて使う事ができます。

前シリーズである「腰ベルトファン2」の3分の1しか連続使用できませんが、価格が約半額となります。
お得な3個セットもあるので、3個セットで買えば連続使用時間をカバーできます。

暑い夏の外出時に、大活躍してくれる事は間違いないでしょう。