JYTM-RTV430とYTM-RTV200の違いや口コミ!山善の手回し充電テレビ+ラジオ

JYTM-RTV430とYTM-RTV200の違いや口コミ!山善の手回し充電テレビ+ラジオ

趣味・家電・生活

山善のQriom(キュリオム)ブランドから「手回し充電テレビ+ラジオJYTM-RTV430」が発売されます。

テレビ・ラジオ・充電バッテリー・LEDライト・サイレンの5つの機能を備えた多機能テレビになります。

手回し充電や乾電池やバッテリー等、充電方法が多くあるので、アウトドアで活躍してくれるのは間違いありません。

今回の記事は、「JYTM-RTV430」と、旧型にあたる「YTM-RTV200」の違いや口コミ等を深掘りしてみました。

【関連記事】
QRCH-32W2KHDDの口コミと最安値!ゲーム以外でおすすめの山善32V型テレビ

43P715と50P715の口コミと最安値!TCLテレビは激安でおすすめ

KJ-49X9500Hの口コミと最安値!sony4Kチューナー内蔵の49型LED液晶テレビ

「JYTM-RTV430」と「YTM-RTV200」の違いを比較

山善の手回し充電テレビ+ラジオである「JYTM-RTV430」と「YTM-RTV200」の違いを比較したので、購入の参考にしてみてください。

テレビ画面サイズ


新型「JYTM-RTV430」:4.3インチ
旧型「YTM-RTV200」:2.8インチ

従来2.8型だったテレビ画面サイズが4.3型に変更され、画面が大きくなり、より見やすくなりました。

スピーカーの位置

新型「JYTM-RTV430」:背面
旧型「YTM-RTV200」:前面の画面横

旧型旧型「YTM-RTV200」では前面の画面横にあったスピーカーですが、新型「JYTM-RTV430」では背面にした事で、テレビ画面サイズを大きくできました。

背面スタンド

新型「JYTM-RTV430」:有り
旧型「YTM-RTV200」:無し

新型「JYTM-RTV430」には背面にスタンドが付いた事で、テーブル等の上で角度を付けて置けるので、テレビが見やすくなりました。

ベルト


新型「JYTM-RTV430」:有り
旧型「YTM-RTV200」:無し

新型「JYTM-RTV430」では、ベルトが付いているので、持ち運ぶ時にも便利になりました。

手回し充電で満充電にかかる時間

新型「JYTM-RTV430」:5分
旧型「YTM-RTV200」:10分

新型「JYTM-RTV430」は、手回し充電で満充電にかかる時間が、旧型の半分に短縮されて、使いやすくなりました。

防水防塵

新型「JYTM-RTV430」:IP54相当
旧型「YTM-RTV200」:IP54相当

どちらも防水防塵機能を搭載しているので、水やほこりから内部を守り、キャンプ等のアウトドアでも効果を発揮します。

充電方法

新型「JYTM-RTV430」:手回し、乾電池、コンセント、モバイルバッテリー
旧型「YTM-RTV200」:手回し、乾電池、コンセント、モバイルバッテリー

どちらも4つの充電方法があるので、充電のストレスが大幅に減ります。

本体サイズと重さ

新型「JYTM-RTV430」:幅155×奥行40×高さ92㎜、約370g
旧型「YTM-RTV200」:幅143×奥行40×高さ85㎜、約300g
(乾電池含まず)

新型「JYTM-RTV430」のほうが少し大きく重くなっています。

付属品

新型「JYTM-RTV430」:USBケーブル、ACアダプター、取扱説明書、ベルト
旧型「YTM-RTV200」:USBケーブル、ACアダプター、取扱説明書、携帯電話機接続プラグ

カラー


新型「JYTM-RTV430」:パールホワイト、シャンパンゴールド


旧型「YTM-RTV200」:ホワイト、ブラック

価格

新型「JYTM-RTV430」:15,180円
旧型「YTM-RTV200」:9,980円
(楽天最安値)

旧型「YTM-RTV200」は発売から期間が経っているので、安く購入できます。

違いのまとめ

新型「JYTM-RTV430」と旧型「YTM-RTV200」の違いは以下の通りです。

・テレビ画面サイズ
・スピーカーの位置
・背面スタンド
・ベルト
・手回し充電で満充電にかかる時間
・本体サイズと重さ
・付属品
・カラー
・価格

以上の点から、どんな人にどちらがおすすめかまとめました。

新型「JYTM-RTV430」をおすすめする人
・テレビ画面サイズが大きいほうが良い人
・背面スタンドやベルトが付いているほうが良い人
・手回し充電で素早く充電したい人
旧型「YTM-RTV200」をおすすめする人
・できる限り安く購入したい人
個人的には、多くの点で進化している新型「JYTM-RTV430」をおすすめします。

「YTM-RTV200」の口コミやレビューまとめ

「JYTM-RTV430」は発売前の為、旧型「YTM-RTV200」の口コミやレビューをまとめました。

購入を検討している方は、参考にしてみてください。

画質について

●ワンセグ画質は、スマホやガラケーレベルとはいいませんが充分のレベル

●昔のワンセグケータイの悪いものレベル

●字幕など機能も豊富

●音質も悪くなく、ワンセグも綺麗に受信

●AM・FMラジオとTVの音だけでも聞ければ良いかなと思ってたが受信結果に満足

メリット

●乾電池の使用が一番長時間なのでおすすめ

●普段使いには役不足だけど、災害時には使える

●BBQの時に活躍してます

●思ってたより画質も音も良い

デメリット

●ラジオの受信は問題ないけど、テレビはどのチャンネルも受信できません

●窓際以外ではワンセグもラジオも受信感度がよくない

●手回しで充電するのは時間がかかる

●すぐ乾電池がなくなる

●AM.FM.TVの切り替えが順送りで煩わしい

「JYTM-RTV430」の最安値をチェック

「JYTM-RTV430」が販売されているショップの最安値をまとめました。

(記事更新時の価格なので、現在の価格は下記リンクからご確認ください。)

Amazonの最安値

Amazonでは、記事更新時には販売されていませんでした。

「JYTM-RTV430」の最安値をAmazonでチェック!

楽天の最安値

楽天では15,180円(送料無料)

「JYTM-RTV430」の最安値を楽天でチェック!

yahooショッピングの最安値

ヤフーショッピングでは、記事更新時には販売されていませんでした。

「JYTM-RTV430」の最安値をヤフーショッピングでチェック!

記事更新時の「JYTM-RTV430」の最安値は、楽天になります。

「JYTM-RTV430」の発売日はいつ?

「JYTM-RTV430」の発売日は、2022年2月中旬です。

「JYTM-RTV430」商品詳細やスペック

テレビ・ラジオ・充電バッテリー・LEDライト・サイレンの5つの機能を備えた多機能テレビです。

●約5分間(約150回転/分)の手回しですぐ満充電に
●LEDライト、防塵防水対応でキャンプやアウトドアシーンでも活躍
●ACアダプター満充電時も手回し満充電時と同様の動作時間となります。
●受信周波数:(AM)522/1710kHz、(FM)76.0/108MHz、(ワンセグテレビ)UHF13/62ch
●アンテナ:(AM)内蔵フェライトバーアンテナ、(FM)ロッドアンテナ
●スピーカー:直径36mm、定格出力200mW、最大出力350mW
●音声出力端子:直径3.5mmステレオミニジャック
●出力充電端子:USB Aタイプ(スマートフォン/携帯電話機用)
●入力充電端子:USBmicroBタイプ(モバイルバッテリー用)
●電源:単3形乾電池×3個 DC4.5V(※乾電池は別売り)、内蔵充電池3V/100F、DC5V(USB)、AC100V(ACアダプター)
●メーカー保証:1年

まとめ

「手回し充電テレビ+ラジオJYTM-RTV430」が、山善のQriom(キュリオム)ブランドから発売されます。

5つの機能を備えた多機能テレビで、4つの充電方法が使える便利な商品です。

「JYTM-RTV430」と旧型「YTM-RTV200」の違いは以下の通りです。

・テレビ画面サイズ
・スピーカーの位置
・背面スタンド
・ベルト
・手回し充電で満充電にかかる時間
・本体サイズと重さ
・付属品
・カラー
・価格

テレビ画面も大きく、多くの点で進化している新型「JYTM-RTV430」をおすすめします。

【関連記事】
パナソニック 15V型テレビUN-15TD10-Kの口コミと最安値!防水なのでお風呂で観れる