ビッグキャパ リチャージ4種類の電池と専用充電器充電器2機種の違いを比較!

ビッグキャパ リチャージ4種類の電池と専用充電器充電器2機種の違いを比較!

趣味・家電・生活

アイリスオーヤマからニッケル水素電池「BIGCAPA Recharge(ビッグキャパ リチャージ)」が発売されました。

充電してくり返し使えるから、コスパが良く環境にも優しい商品です。

今回の記事は、ビッグキャパ リチャージ4種類の電池と、2機種の充電器の違いを深掘りしてみました。

「ビッグキャパ リチャージ」4種類の違いを比較

ビッグキャパ リチャージには、スタンダードタイプとくり返し使用に強いタイプがそれぞれ2種類ずつあります。

違いを比較したので購入の参考にしてみてください。

商品名 BIGCAPA Recharge(ビッグキャパ リチャージ)
単3電池 単4電池 単3電池 単4電池
型番 BCR-S3MH/4B BCR-S4MH/4B BCR-R3MH/4B BCR-R4MH/4B
商品画像
容量(mha) 1,900 750 950 550
繰り返し充電回数 約1,000回 約5,000回
製品寸法(mm) W64×D15.5×H115 W64×D12.5×H115 W64×D15.5×H115 W64×D12.5×H115
製品質量(g) 108 52 76 44
参考価格 (税込) 1,628円 1,628円 1,188円 1,188円

スタンダードタイプとくり返し使用に強いタイプの違い

スタンダードタイプが黒い2つの電池「BCR-S3MH」と「BCR-S4MH」

くり返し使用に強いタイプが白い2つの電池「BCR-R3MH」と「BCR-R4MH」です。

スタンダードタイプはワイヤレスマウスや電子辞書など幅広い機器に使用できます。

くり返し使用に強いタイプは、リモコンや置き時計など、消費電力の小さい機器に適しています。

スタンダードタイプ:ワイヤレスマウス、電子辞書
くり返し使用に強いタイプ:リモコン、体重計、置き時計

「BCR-S3MH」と「BCR-S4MH」の違い

スタンダードタイプの「BCR-S3MH」と「BCR-S4MH」ですが、違いは「BCR-S3MH」が単3電池、「BCR-S4MH」が単4電池です。

容量やサイズが違いますが、同じ価格に設定されています。

「BCR-R3MH」と「BCR-R4MH」の違い

くり返し使用に強いタイプの「BCR-R3MH」と「BCR-R4MH」ですが、違いは「BCR-R3MH」が単3電池、「BCR-R4MH」が単4電池です。

容量やサイズが違いますが、同じ価格に設定されています。

充電1回あたりの電気代

充電池を4本充電するために必要な電気代は、4種類とも約1円です。

毎回のように電池を買い替える事を考えると、お得で手間もかかりません。

違いのまとめ

ビッグキャパ リチャージ4種類の違いをまとめました。

・タイプの違い
・容量の違い
・繰り返し充電回数の違い
・サイズと重量の違い
・価格の違い

以上の点から、どんな人にどれがおすすめかまとめました。

スタンダードタイプ「BCR-S3MH」をおすすめする人
・単3電池が欲しい人
・ワイヤレスマウスなど消費電力が高い機器を使う予定の人
スタンダードタイプ「BCR-S4MH」をおすすめする人
・単4電池が欲しい人
・ワイヤレスマウスなど消費電力が高い機器を使う予定の人
くり返し使用に強いタイプ「BCR-R3MH」をおすすめする人
・単3電池が欲しい人
・消費電力の小さい機器を使う予定の人
くり返し使用に強いタイプ「BCR-R4MH」をおすすめする人
・単4電池が欲しい人
・消費電力の小さい機器を使う予定の人

専用充電器「BCR-QCMH」と「BCR-CMH」の違い

ビッグキャパ リチャージ専用充電器には、「BCR-QCMH」と「BCR-CMH」の2機種があります。

違いをまとめたので、購入の際の参考にしてみてください。

商品名 BIGCAPA Recharge 専用急速充電器 BIGCAPA Recharge 専用充電器
型番 BCR-QCMH BCR-CMH
商品画像
充電表示ランプ 1本ごとの充電状態を表示 2本ごとの充電状態を表示
充電可能本数 単3形:1~4本
単4形:1~4本
合計4本まで
単3形:2本または4本
単4形:2本または4本
合計4本まで
充電本数 1~2本 3~4本 2本または4本
充電時間※3 単3 BCR-S3MH 約2時間 約4時間 約6時間
BCR-R3MH 約1時間 約2時間 約3時間
単4 BCR-S4MH 約1.5時間 約3時間 約5時間
BCR-R4MH 約1時間 約2時間 約4時間
製品寸法(mm) W68×D108×H27
製品質量(g) 約100 約100
参考価格 (税込) 2,728円 1,958円

充電可能な電池

「BCR-QCMH」と「BCR-CMH」の2機種ともに、4種類の電池を充電可能です。

充電時間

「BCR-QCMH」は急速充電、「BCR-CMH」は通常スピードの充電器です。充電時間は急速充電できる「BCR-QCMH」のほうが圧倒的に早いです。

「Q」が付いているほうがクイック充電可能と覚えるとわかりやすいです。

さらに電池の種類により充電時間が変わり、単3形よりも単4形のほうが早く充電できます。

充電可能本数と充電表示ランプ

「BCR-QCMH」は単3形・単4形ともに1~4本の充電が可能で、「BCR-CMH」は単3形・単4形ともに2本または4本の充電が可能です。

要するに「BCR-QCMH」は1本でも3本でも充電可能ですが、「BCR-CMH」は2本か4本の2個セットの状態でしか充電できません。

充電表示ランプも、「BCR-QCMH」では1本ごとの充電状態を表示して、「BCR-CMH」では2本ごとの充電状態を表示します。

サイズと重量

サイズと重量は全く同じなので、充電器のサイズで迷う心配はいりません。

価格の違い

価格には違いがあり、当然急速充電できる「BCR-QCMH」のほうが高いです。

ビッグキャパ リチャージ専用充電器の違いのまとめ

ビッグキャパ リチャージ専用充電器である「BCR-QCMH」と「BCR-CMH」の違いをまとめました。

・充電時間の違い
・充電可能本数と充電表示ランプの違い
・価格の違い

「BCR-QCMH」をおすすめする人
・短い時間で充電を終わらせたい人
・価格が多少高くても問題ない人
「BCR-CMH」をおすすめする人
・充電時間がかかっても問題ない人
・2本か4本の偶数セットでしか充電できなくても問題ない人
・できる限り安い価格で購入したい人

 

ビッグキャパ リチャージ「BCR-S3MH」の最安値をチェック

ビッグキャパ リチャージの単3形スタンダードタイプ「BCR-S3MH」が販売されているショップの最安値をまとめました。

(記事更新時の価格なので、現在の価格は下記リンクからご確認ください。)

Amazonの最安値

Amazonでは1,880円

「BCR-S3MH」の最安値をAmazonでチェック!

楽天の最安値

楽天では1,628円(送料無料)

「BCR-S3MH」の最安値を楽天でチェック!

yahooショッピングの最安値

ヤフーショッピングでは1,628円(送料無料)

「BCR-S3MH」の最安値をヤフーショッピングでチェック!

記事更新時の「ビッグキャパ リチャージ」の最安値は、楽天とヤフーショッピングになります。

「ビッグキャパ リチャージ」の発売日はいつ?

「ビッグキャパ リチャージ」の発売日は、2021年11月26日です。

「ビッグキャパ リチャージ」と専用充電器のセット

「ビッグキャパ リチャージ」と専用充電器のセットは、現在のところ2セット発売されています。

どちらも単3形スタンダードタイプ「BCR-S3MH」の電池に、急速充電器と通常の充電器が付いた2つのセットになります。

電池「BCR-S3MH」と急速充電器「BCR-QCMH」セット

電池「BCR-S3MH」と充電器「BCR-CMH」セット

まとめ

充電してくり返し使える電池「BIGCAPA Recharge(ビッグキャパ リチャージ)」が、アイリスオーヤマから発売されました。

コスパが良く環境にも優しい商で、フル充電しておけば1年放置しても約80%の容量を維持できます。

ビッグキャパ リチャージ4種類「BCR-S3MH」「BCR-S4MH」「BCR-R3MH」「BCR-R4MH」の違いは以下のとおり多くあります。

・タイプの違い
・容量の違い
・繰り返し充電回数の違い
・サイズと重量の違い
・価格の違い

ビッグキャパ リチャージ専用充電器である「BCR-QCMH」と「BCR-CMH」の違いは以下のとおりです。

・充電時間の違い
・充電可能本数と充電表示ランプの違い
・価格の違い

スタンダードタイプが黒い2つの電池「BCR-S3MH」と「BCR-S4MH」