TokyoCamp 焚火台のレビューと最安値!ピコグリルとどっちがおすすめ?

TokyoCamp 焚火台のレビューと最安値!ピコグリルとどっちがおすすめ?

TokyoCampから発売された「焚火台」は、軽量でコンパクトで頑丈で安定感があります。

あらゆるアウトドアシーンで使用できる万能モデルです。

そんな万能モデルなのに、圧倒的な価格の安さが魅力なんです。

この焚火台さえあれば、まわりのキャンパーからうらやましがられる事間違いなし!

今回の記事は、「TokyoCamp 焚火台」を深掘りしてみました。

Advertisement

「TokyoCamp 焚火台」の口コミやレビューまとめ

「TokyoCamp 焚火台」の口コミやレビューをまとめました。

購入を検討している方は、参考にしてみてください。

めちゃくちゃ軽い

とても軽いです
鉄板を載せるとしっかりと四隅が定まり安定性もあります
引用:Amazonレビュー
他のレビューで重い重い言われてますが、正直めちゃくちゃ軽いです。
多分ピコグリルと比べてるのでしょうけど、持ってないのでそこは何とも言えません。
その他の焚き火台と比べて、サイズを考えるとむしろ軽いほうです。
引用:Amazonレビュー

大きな薪でも安定感があり、ぐらつかない

コンパクトで組立も簡単でした。
この焚き火台は大きな薪が使えると思い、あえて投入してみた。
台からはみ出てもOK!そして重くてもぐらつかない安定さにも驚かされました!
また、台には風穴があるため、火力も安定して最後まで燃え尽きることができました!
引用:Amazonレビュー
収納した時、組立てた時のサイズ感はソロキャンプ、一人用焚き火台として丁度いいサイズです。
ピコグリル、その他の類似品に比べると少し重いですが、その分安定していて
大きく太い薪を置いても不安定になることはないです。
引用:Amazonレビュー
スキレットを乗せてもぐらつかない安定感、素晴らしい。
引用:Amazonレビュー

価格が安い

値段も安価、軽くてコンパクト、組立も楽で安定感もあり!
大きな薪を使え、使い勝手もよかったです
引用:Amazonレビュー
まず感想はとても良い商品です!
某芸人キャンパーで人気となった焚き火台を検討していたのですが価格も高く、沢山ある安価な類似品を探していた時に見つけ、日本の会社のブランドということが主な購入理由でした。

実際、保護シールが貼ってあるなど細かいケアからバリなども特になく説明書も分かりやすく非常に満足です!
同じような境遇の方でしたら中華製のものより間違いなくこの商品が良いと思います。
引用:Amazonレビュー

焚き火が良く燃える

しかし良く燃えますねぇ。
大きく燃え上がる炎とパチパチという音に本当に癒されました。
引用:Amazonレビュー

調理スペースが広くとれる

2つ3つくらい同時に調理できるスペースがあり、6人分の土鍋に水入れてを置いてみましたが、難なく行けました。
引用:Amazonレビュー

楽に洗浄できる

とにかく片付けと洗浄が楽!
そして台などが波打ったりしている様子もなく、長く使えそうです
引用:Amazonレビュー

組み立てがスムーズにできる

組み立て難易度も、天板の組み付けが若干キツい他はスムーズでした。
天板のキツさも、設置後天板が安定するくらいの程よいキツさです。
焚き火台の設置場所がよっぽど不安定でなければ、ガタつく事は無さそうです。
引用:Amazonレビュー
フレームを組み立て天板を乗せるこの時間、1分もかかりません。
スピット(フォーク)2本を上に置いたら、小さいクッカーも乗るし、鉄板も乗せやすいかな。
今度のキャンプに初デビュー、ワクワクしてます。
引用:Amazonレビュー

若干バリがある

縁に若干バリがあるので、使用前にバリ取りした方がいいかも。
引用:Amazonレビュー

厚みがあるので注意!

ヒロシさんのキャンプ動画を見て、値段の安いこちらを購入しました。
本家は、ゆうパックで届くほど薄いそうですが、こちらは3センチ以上の分厚さのあるダンボールに入ってました。
本体サイズを見て買うべきでした。ちょっと後悔しています。
引用:Amazonレビュー

ピコグリルを上回っている!?

商品はしっかりしていて、重さを省けは本家ピコグリルを全て上回っていて使いやすい。
重量を犠牲にして安定と耐久性に振って要ることが分かります
永く愛用して使えそう、素晴らしい焚火台です
もう1個価格が高騰する前に購入したくなりました
引用:Amazonレビュー
よくあるピコグリルのパッチ物とは違い、しっかりとしたつくりの焚き火台。
デザインは似ているものの組み立て方は少し違う。
ピコグリルの様にワンタッチと言うわけではなく4工程かかるが難しくはない。
ピックも太くて10インチのダッチオーブンを乗せても安定しており耐久性も高そうです。久々に火入れが楽しみな焚き火台です。
引用:Amazonレビュー
少し残念だと思う部分は、ピコグリルと比べて薪を置く部分の空気を取り込む穴が大きいので、灰や火のついた小さな薪が穴からかなり落ちてしまいます。
ですので焚き火台シートは必須です。
ですが焚き火台としてはかなり良い物です。
引用:Amazonレビュー
ピコグリルのサイズ、重量、収納性はほぼ同様だと思って大丈夫です。
軽くて小さくて非常に使いやすいです。
また薪起きのパネルがピコグリルよりしっかりとした厚みの為、まだ2回しか使っていないですが当分変形はしなさそうです。
ただピコグリル系の焚き火台の宿命ですが、五徳が固定出来ない為、クッカーが不安定になります。そこだけ留意すれば非常に使いやすい焚き火台だと思います。
引用:Amazonレビュー

上記がピコグリルの焚き火台「ピコグリル398」です。
「TokyoCamp 焚火台」の倍以上の価格になっています。

「ピコグリルが欲しいけど、もっと安い焚き火台がほしい」
という方に「TokyoCamp 焚火台」をおすすめします。

コストパフォーマンスが素晴らしい

この価格帯でこの頑丈さ、大満足です。
組み立ても簡単だし、家庭用のデカイやかんに水満タンでも頑丈なので全然大丈夫でした。薪をのせる部分も使い終わった後に歪むことなく使えました。
引用:Amazonレビュー
有名なブランドにそこまでこだわりがないのであれば、私的にはTokyoCampをオススメします。
ピコグリルの約4分の1程度の金額で、ブランド力と軽さ以外はかなり上だと感じました。
コストパフォーマンスが素晴らしいと思います。
引用:Amazonレビュー
届いた時にこんなコンパクトな焚き火台があったのかと驚きました!
某有名なメーカーの焚き火台、その他沢山の焚き火台のレビューやモノを見て比較検討してきましたが、買って本当良かったと思える商品に出会えました!
引用:Amazonレビュー

サポートがしっかりしていて信頼できる

保護フィルムを剥がした時にいきなり両端にサビが出現!
メーカーにメールしたところ、新しい天板をスペアとして送っていただけることになりました。
さすがに日本のメーカーで、フォローもしっかりとしていました。
最初に届いた商品は少し残念でしたが、TokyoCampさん自体は信用できるメーカーだと思いました。
引用:Amazonレビュー

「TokyoCamp 焚火台」の最安値をチェック

「TokyoCamp 焚火台」が販売されているショップの最安値をまとめました。

(記事更新時の価格なので、最安値が変わっている可能性もあります)

Amazonの最安値

Amazonでは4,980円
「TokyoCamp 焚火台」の最安値をAmazonでチェック!

楽天の最安値

楽天では4,980円(送料無料)
「TokyoCamp 焚火台」の最安値を楽天でチェック!

yahooショッピングの最安値

ヤフーショッピングでは5,722円(送料無料)
「TokyoCamp 焚火台」の最安値をヤフーショッピングでチェック!

記事更新時の「TokyoCamp 焚火台」の最安値は、Amazonと楽天になります。

「TokyoCamp 焚火台」の発売日はいつ?

「TokyoCamp 焚火台」の発売日は、2020年7月です。

発売から一か月で4000台を突破し、Amazon焚き火台部門で1位に輝いています。

YouTubeやインスタグラム等で、たくさんのキャンパー達がレビューした事で、注目度が高まりました。

「TokyoCamp 焚火台」スペックや商品詳細

様々なアウトドアシーンに必須アイテム 超軽量コンパクト焚き火台

◆TokyoCampの焚き火台が選ばれる理由
TokyoCamp焚き火台は、耐久性、安定性、燃焼性を高いレベルで維持した上で軽量性を追及している焚き火台となっております。

軽さ重視ではなく、すぐ使えなくなった、安定性が悪い、火がつきにくいなど様々な問題を解決し、あらゆるアウトドアシーンで使用できる万能モデルとなっております。

◆持ち運びやすさ、使いやすさ、耐久性

◆簡単に組み立て
誰でも簡単に約15秒程度で組み立てできます。

◆安心の安定感
コンパクト焚き火台の中に不安定な製品が多く、薪を入れると傾いたりバランスを崩す製品が多いですが、強度、安定感にこだわり安心して使用できます。

◆BBQにも使用可能
網を乗せればBBQも可能です。
※網は別売りです。
(使用している網のサイズ 27㎝×27㎝)

片付けやすさ、手入れ簡単

◆A4サイズケースに納まります
使用後は綺麗にA4サイズケースに納まります。

ケースになかなか入らない製品もありますが簡単に納まります。

◆洗浄可能
コンパクトで使用後は簡単に洗浄していただけますので綺麗に長期間使用していただけます。

◆保存方法
洗浄後はしっかり拭いて保存してください。

◆使用前に保護シートを剥がして下さい
※配送時に傷から焚き火台を守るために保護シートを貼っております。使用前に保護シートを必ず剥がして下さい。

また鉄板の裏面には加工上どうしても細かい傷が入ります。1つの味だと捉えていただけましたら幸いです。

◆製品仕様
・収納時サイズ 34㎝×22㎝

・組み立て時サイズ 40㎝×22㎝×26㎝

・本体重量 965g(製品改良により変更あり)

TokyoCamp焚き火台は、耐久性、安定性、燃焼性を高いレベルで維持した上で軽量性を追及している焚き火台となっております。

軽さ重視ではなく、すぐ使えなくなった、安定性が悪い、火がつきにくいなど様々な問題を解決し、あらゆるアウトドアシーンで使用できる万能モデルとなっております。

◆注意事項
【必ずご確認ください】

TokyoCamp焚火台は強度、耐久性、軽量性を実現させるため、加工上、多少のバリが生じることがあります。バリが気になった場合はご使用前、フィルムを剥がす際の取り扱いにご注意下さい。 ※バリは紙やすり等でカンタンに除去出来ます。

◆Q & A
Q. 組み立て時のサイズはどれくらいでしょうか?また耐荷重は?

A. 横40縦24高さ27 となります。耐荷重は約10㌔まで確認させていただいております。

Q. 女性でも簡単に使用できますか?

A. もちろん使用していただけます。誰でも簡単に15秒程度で組み立てられるように設計されておりますのでご安心ください。

Q. 以前購入したコンパクト焚き火台がなかなか火がつかなかったのですが大丈夫ですか?

A. 燃焼性を考え鉄板に空気の通り道を作っております。火が付きやすく、長期間火を維持することが可能です。

Q. 耐久性はありますか?

A. 120時間の燃焼実験を行っております。実際に見ていただいた時に感じて頂けるかと思いますが、軽量なのにしっかりと強度がございます。
TokyoCamp 焚火台 焚き火台 折りたたみ焚火台 コンパクト 軽量 キャンプ 焚火

「TokyoCamp 焚火台」の関連商品

「TokyoCamp 焚火台」の関連商品をまとめました。

ピコグリル

焚き火台の超人気商品です。
「TokyoCamp 焚火台」もピコグリルを意識して作られたと予想します。

ただ、ピコグリルは価格が高いので、手が出ない人が多いです。
そんな時は半値以上で購入できる「TokyoCamp 焚火台」をおすすめします。

「TokyoCamp」ってどんな会社が運営してる?

アウトドアブランドTokyo Camp(Tokyo Camp HAVE A RELAXING CAMPING LIFE.)

運営会社:合同会社ウィルドストリート
(所在地:大阪府箕面市、代表:嶋大介)

2020年の夏にTokyo Campを立ち上げたばかりなのに、早くも快進撃が始まっています。
今後注目のアウトドアブランドです。

「TokyoCamp 焚火台」は今買うのがお得な理由

新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛などで、アウトドアのレジャーが見直されています。
少人数でのバーベキューやソロキャンプなど、多くの人の関心が集まっています。

ただ、人気がでてくる事で、キャンプ用品の高騰が始まっています。

「TokyoCamp 焚火台」も発売当時よりも価格が上がっています。

今後、価格がさらに上がる可能性があるので、早めの予約をおすすめします。

まとめ

「TokyoCamp 焚火台」は発売から一か月で4000台を突破するほど大人気商品になっています。

軽量でコンパクトで頑丈で安定感ありと、あらゆるアウトドアシーンで使用できる万能モデルです。

さらに圧倒的な価格の安さもあり、コスパ最強と言い切っていいでしょう。

「TokyoCamp 焚火台」は2020年7月の発売にも関わらず、すでに価格が上がっています。
キャンプ用品の高騰は早いので、早めの予約をおすすめします。

「TokyoCamp 焚火台」の最安値をAmazonでチェック!

「TokyoCamp 焚火台」の最安値を楽天でチェック!

「TokyoCamp 焚火台」の最安値をヤフーショッピングでチェック!