ゼンハイザー MOMENTUM True Wireless3と2の違いや口コミ!対応コーデックは?

ゼンハイザー MOMENTUM True Wireless3と2の違いや口コミ!対応コーデックは?

趣味・家電・生活

ゼンハイザーから完全ワイヤレスイヤホン「MOMENTUM True Wireless3(MTW3)」が発売されます。

圧倒的人気を誇る「MOMENTUM True Wireless」シリーズの第三世代で、ノイズキャンセリング機能やマイク性能などが大きく向上しています。

もう他のイヤホンに戻れないという声が多いシリーズだけに、今回も期待して間違いないでしょう。

今回の記事は、「MOMENTUM True Wireless3」と「MOMENTUM True Wireless2」の違いや口コミなどを深掘りしてみました。

【関連記事】
ゼンハイザーMOMENTUM True Wirelessと2の違いや口コミ!家電芸人2020で紹介

Motif A.N.C.とMinor3の違いや口コミ!Marshall初のノイズキャンセリング

MarshallワイヤレスイヤホンMinor3とMinor2の違いを比較!口コミやデメリットは?

「MOMENTUM True Wireless3」と「MOMENTUM True Wireless2」の違いを比較

「MOMENTUM True Wireless3」の旧型が「MOMENTUM True Wireless2(M3IETW2)」です。

2つの違いを比較したので、購入の参考にしてみてください。

ノイズキャンセリング

・「MOMENTUM True Wireless3」:ハイブリッド方式
・「MOMENTUM True Wireless2」:フィードフォワード方式

「MOMENTUM True Wireless2」では音質を最優先するためにフィードフォワード方でしたが、「MOMENTUM True Wireless3」では音楽を邪魔するノイズをさらに低減させるため、フィードフォワード方式とフィードバック方式を組み合わせたハイブリッド方式のノイズキャンセリング機能へアップデートされました。

ノイズキャンセリングが進化したのは一番嬉しいポイントですね

イヤホン本体のデザイン


(MOMENTUM True Wireless3)


(MOMENTUM True Wireless2)

・「MOMENTUM True Wireless3」:四角形
・「MOMENTUM True Wireless2」:丸形

「MOMENTUM True Wireless」シリーズで採用していた丸形のデザインから、四角形に近い形に変更になりました。

プロセッサー

・「MOMENTUM True Wireless3」:2基
・「MOMENTUM True Wireless2」:1基

1基だったプロセッサーを、「MOMENTUM True Wireless3」では2基搭載した事で、音の表現力がアップし、ホワイトノイズを抑えて、音質に大幅な進化をもたらしました。

Bluetoothのバージョン

・「MOMENTUM True Wireless3」:5.2
・「MOMENTUM True Wireless2」:5.1

「MOMENTUM True Wireless3」がBluetooth5.2に進化した事で、より多くの情報を低帯域かつ低消費電力で伝送できるようになりました。

対応コーデック

・「MOMENTUM True Wireless3」:SBC、AAC、aptX、aptX Adaptive
・「MOMENTUM True Wireless2」:SBC,AAC,apt-X

「MOMENTUM True Wireless3」がaptX Adaptiveに対応した事で、対応デバイスとの組み合わせは必要ですが、最大96kHz/24bitのハイレゾ相当のワイヤレスリスニングを楽しめるようになりました。

バッテリー駆動時間

・「MOMENTUM True Wireless3」:最大7時間、充電ケース併用で28時間。
・「MOMENTUM True Wireless2」:最大7時間、充電ケース併用で28時間。

バッテリー駆動時間はどちらも同じです。

Qiワイヤレス充電

・「MOMENTUM True Wireless3」:対応

・「MOMENTUM True Wireless2」:非対応

「MOMENTUM True Wireless3」は、Qi(チー)ワイヤレス充電に対応したので、置くだけで充電が可能になりました。

ワイヤレス充電対応は地味に嬉しいポイントですね。

防滴

・「MOMENTUM True Wireless3」:IPX4
・「MOMENTUM True Wireless2」:IPX4

どちらも、日常生活での水滴や水しぶき程度なら問題のない防水仕様になります。

サイズ

「MOMENTUM True Wireless3」のサイズは、「MOMENTUM True Wireless2」に比べて16%コンパクトになりました。

重さ

・「MOMENTUM True Wireless3」:左右イヤホン11.6g、充電ケースが66.4g
・「MOMENTUM True Wireless2」:左右イヤホン12g、充電ケース58g

「MOMENTUM True Wireless3」のほうが若干軽くなりました。

カラー

・「MOMENTUM True Wireless3」:ブラック、ホワイト
・「MOMENTUM True Wireless2」:ブラック、ホワイト

「MOMENTUM True Wireless3」のAmazon限定カラーとして、Graphiteも販売されます。

価格

・「MOMENTUM True Wireless3」:36,300円
・「MOMENTUM True Wireless2」:24,980円
(Amazon価格)

「MOMENTUM True Wireless2」は発売から期間が経っている事もあり、安く購入できます。

違いのまとめ

「MOMENTUM True Wireless3」と「MOMENTUM True Wireless2」の違いをまとめました。

・ノイズキャンセリング
・イヤホン本体のデザイン
・プロセッサー
・Bluetoothのバージョン
・対応コーデック
・Qiワイヤレス充電
・サイズ
・重さ
・価格

ノイズキャンセリング機能、Bluetoothのバージョン、対応コーデックなど全体的に進化しているので、「MOMENTUM True Wireless3」をおすすめします。

性能はそこそこで良いから、できるだけ安く購入したい人は「MOMENTUM True Wireless2」で問題ないかと

「MOMENTUM True Wireless2」の口コミやレビューまとめ

「MOMENTUM True Wireless3」は発売前の為、「MOMENTUM True Wireless2」の口コミやレビューをまとめました。

購入を検討している方は、参考にしてみてください。

デメリット

●イヤホン側の音量を100%にした場合音楽鑑賞には耐えられない、50%以下がベスト

●イヤホンをつけた状態で会話すると、自分の声が反響するような感じがある

●接続を切らないと次の機器に接続できないのは面倒

●同じ価格ならヘッドフォンの方が満足度が高いかな

●ケースの残量表示LEDはザックリすぎて分かりにくい

●人によると思うけどイヤーピースがフィットしなかった

●人が多いところでは途切れやすいかも

メリット

●音は100点満点で音楽を聴いてこんなに感動したのは初めて

●AirPodsPro並のトータルパフォーマンスに優れたイヤホン

●ノイズキャンセリング性能が、WF1000XM3に匹敵するレベル

●外音取り込み性能もかなり高い

●最強クラスの音質で、イコライザも自在で好みの音を作りやすい

●イコライザーを上手く調整すれば不快な音が無くなる

●このノイキャンなら、ザワザワしている職場で快適な昼寝ができる

●装着感、音質、使用可能時間など、全てに置いてバランスが良い

「MOMENTUM True Wireless3」の最安値をチェック

「MOMENTUM True Wireless3」が販売されているショップの最安値をまとめました。

(記事更新時の価格なので、現在の価格は下記リンクからご確認ください。)

Amazonの最安値

Amazonでは36,300円

「MOMENTUM True Wireless3」の最安値をAmazonでチェック!

楽天の最安値

楽天では、記事更新時には販売されていませんでした。

「MOMENTUM True Wireless3」の最安値を楽天でチェック!

yahooショッピングの最安値

ヤフーショッピングでは、記事更新時には販売されていませんでした。

「MOMENTUM True Wireless3」の最安値をYahooショッピングでチェック!

Qoo10|eBay Japanの最安値

キューテンでは、記事更新時には販売されていませんでした。

「MOMENTUM True Wireless3」の最安値をキューテンでチェック!

記事更新時の「MOMENTUM True Wireless3」の最安値は、Amazonになります。

「MOMENTUM True Wireless3」の発売日はいつ?

「MOMENTUM True Wireless3」の発売日は、2022年5月20日です。

ただし、ブラックは2022年5月20日ですが、ホワイトは2022年夏以降の発売になります。

「MOMENTUM True Wireless3」商品詳細やスペック

7mm口径のシングルダイナミックドライバーを搭載し、 歪みを最低限に抑え、淀みないクリスタルのような音、溢れる臨場感、 正確で深みのある低域 、ナチュラルでクリアな中高音域 、全ての音を忠実に再現。

周囲の騒音レベルに合わせてノイズキャンセルの度合いを自動で調整するアダプティブノイズキャンセリングとハイブリッド型のノイキャンで確かな効果を発揮し、外の世界とつながる外音取り込みモードも。

96/24bitのハイレゾ音源対応で、さらなる高い次元の音質を実現。一つ一つの音がよりしっかりとした輪郭を描き、レンジも広がりゼンハイザーのサウンドがもう一段階上へ。さらに低遅延、人混みなどで音が途切れてしまうようなストレスからも解放。シンプルに贅沢にハイレゾ相当のサウンドであらゆる音に浸ることができます。

発売元のゼンハイザーはどんな会社?

ゼンハイザーはドイツ ハノーファーに本拠を構える音響機器メーカーで、ヘッドフォンやイヤホンなどの音質の高さで有名です。

商号:ゼンハイザージャパン株式会社
(Sennheiser Japan K.K.)
本 社:東京都港区南青山1-1-1(新青山ビル)
大阪営業所:大阪府吹田市広芝町4-34江坂第一ビル
設 立:2007年11月1日

「MOMENTUM True Wireless3」は今買うのがお得な理由

「MOMENTUM True Wireless3」は、保証期間があります。

2年保証と長く設定されているので、買う時の安心感がありますね

まとめ

完全ワイヤレスイヤホン「MOMENTUM True Wireless3(MTW3)」が、ゼンハイザーから発売されます。

ノイズキャンセリング機能やマイク性能などが大きく向上した「MOMENTUM True Wireless」シリーズの第三弾です。

「MOMENTUM True Wireless3」と「MOMENTUM True Wireless2」の違いは以下の通りです。

・ノイズキャンセリング
・イヤホン本体のデザイン
・プロセッサー
・Bluetoothのバージョン
・対応コーデック
・Qiワイヤレス充電
・サイズ
・重さ
・価格

色々な機能が進化したので、迷わず「MOMENTUM True Wireless3」をおすすめします。
価格が高いと迷ってしまう人は「MOMENTUM True Wireless2」でも問題ないと思います。

【関連記事】
ゼンハイザーMOMENTUM True Wirelessと2の違いや口コミ!家電芸人2020で紹介

Motif A.N.C.とMinor3の違いや口コミ!Marshall初のノイズキャンセリング

MarshallワイヤレスイヤホンMinor3とMinor2の違いを比較!口コミやデメリットは?