サンコー温冷ドリンクカプセル COPTDCAWの口コミやメリット・デメリット | サクッと深掘りしてみました

サンコー温冷ドリンクカプセル COPTDCAWの口コミやメリット・デメリット

趣味・家電・生活

サンコーから『温冷ドリンクカプセル COPTDCAW』が発売されました。

ドリンクをデスクで保冷・保温できるドリンクホルダーで、チョコやあめ等のお菓子を入れて保冷する事もできます。

この商品、保温も付いているので、暑い夏だけではなく年中使える事間違いなし。

今回の記事は、『温冷ドリンクカプセル COPTDCAW』を深掘りしてみました。

【関連記事】
のんべえ横丁NBE-1の口コミや最安値!電気酒燗器のおすすめ10選

『温冷ドリンクカプセル COPTDCAW』の口コミ

『温冷ドリンクカプセル COPTDCAW』の口コミを集めてみました。

デメリット

●ファンの音がかなり

●高さがちょっと足りない

●蓋が浅い

●もう少し冷えるのが早ければ言うことなし

メリット

●5度が最低ですが飲み物にはちょうどいい

●机に置いてグラスやペットボトルを冷やせる

●氷入れなくても冷えた状態を維持できる

●あけっぱでも内部が結露するほど冷えます

『温冷ドリンクカプセル COPTDCAW』の商品詳細


暑い夏、部屋の温度は26℃以上…。
そんな環境でコンビニで買ってきたコーヒーを置いておくと、いざ飲もうとした時ぬるくなってしまって美味しくない…。

そんな経験はありませんか?

でも、いちいち冷蔵庫に冷やしに行ったりするのはバカらしい。
できれば、デスクで仕事や作業をしながら優雅に冷えたコーヒーを飲みたい!

そんな方におすすめなのが、このデスクで使える「温冷ドリンクカプセル」です。

こちらの商品、コンセントに電源を挿して、スイッチを入れるだけでOK。
5℃~55℃まで、設定した温度に飲み物を保冷してくれます。

暑い夏は、程よく冷えたコーヒーを楽しみ、寒い冬は温かく保つことができます。
デスク上でいつでも飲み頃の状態をお楽しみいただけます!
 『温冷ドリンクカプセル COPTDCAW』 サンコーオンラインショップ

サイズ:横110×縦110×高さ215(mm)
重量:約740g
ホルダーサイズ:内径75×深さ110(mm)
設定可能温度:5~55℃
内容品:本体、シガーケーブル、ACアダプタ、日本語説明書

タッチパネルで温度設定できて、5℃刻み(5℃~55℃)で調整可能です。

コンビニのLサイズコーヒ、350ml~500ml缶、や500mlまでのペットボトルに対応しているので、コンビニドリンクはほぼ入れられます。

シガーケーブルでも仕様可能なので、車の中で保温保冷もできちゃいます。

『温冷ドリンクカプセル COPTDCAW』の発売日

『温冷ドリンクカプセル COPTDCAW』は、2020年6月4日に発売されました。

サンコーオンラインショップでは、発売されてすぐに”品切れ中”となり、購入できなくなっています。
欲しい場合は、見つけたらすぐに購入をおすすめします。

『温冷ドリンクカプセル COPTDCAW』の定価と最安値

『温冷ドリンクカプセル COPTDCAW』は、定価5280円でサンコーから発売されています。

販売されているのは、サンコーオンラインショップか、サンコーレアモノショップ秋葉原総本店のみとなります。
「温冷ドリンクカプセルCOPTDCAW」をサンコーでチェック!

Amazonでは5,280
「COPTDCAW」の最安値をAmazonでチェック!

結果、『温冷ドリンクカプセル COPTDCAW』の最安値は、サンコーオンラインショップか、Amazonとなります。

まとめ

『温冷ドリンクカプセル COPTDCAW』は「サンコーから発売されたドリンクホルダーです。

デスクで缶やペットボトル、チョコやあめ等を保冷・保温できます。

シガーケーブルでも仕様可能なので、車の中で使えます。

年中仕様できるので、レギュラーアイテムになりそうです。