けむらん亭NF-RT1100と1000の違い!口コミや電気代は?パナソニック燻製器

けむらん亭NF-RT1100と1000の違い!口コミや電気代は?パナソニック燻製器

趣味・家電・生活

パナソニックから、スモーク&ロースターけむらん亭「NF-RT1100」が発売されました。

ご自宅で、煙を気にせず、手軽に燻製を楽しめます。

お好きな食材を燻製にして楽しめるので、くんせい好きにはたまりませんね。

今回の記事は、「NF-RT1100」と「NF-RT1000」の違いや口コミ等を深掘りしてみました。

「NF-RT1100」と「NF-RT1000」の違いを比較

パナソニックから発売されている燻製器「NF-RT1100」の旧型が「NF-RT1000」です。

2つの違いを比較したので、購入の参考にしてみてください。

くんせいメニュー

新型「NF-RT1100」:「弱め」「強め」
旧型「NF-RT1000」:ーーー

新型「NF-RT1100」では、くんせいメニューが「弱め」「強め」に増えて、くんせい機能が拡充しました。

くんせいメニュー
「弱め」:溶けやすい商品等に香りをほんのりつけたい時に
「強め」:燻製の香りを強く味わいたい料理に

調味料のくんせい

新型「NF-RT1100」:可能
旧型「NF-RT1000」:ーーー

新型「NF-RT1100」では調味料のくんせいが可能になり、塩、粒こしょう、みそ、ごまの4種類がくんせいにできます。

燻製できない料理でも、調味料をくんせいすれば風味豊かに調理できます。

温度調節機能


新型「NF-RT1100」:220、240、260、280(℃)


旧型「NF-RT1000」:220、240、250、260、270、280(℃)

新型「NF-RT1100」では、250度と270度が設定できなくなり、6段階から4段階になりました。

まあ、そこまで細かく設定できなくても、特に問題はないと思います。

ボタンの名称変更


新型「NF-RT1100」:お手入れ


旧型「NF-RT1000」:オートクリーン

旧型「NF-RT1000」では「オートクリーン」と記載されていたボタンが、新型「NF-RT1100」では「お手入れ」になりました。

ボタンの名前は変わりましたが、庫内の油や汚れを落とすための機能としては変わりません。

サイズと重さ

新型「NF-RT1100」:幅45×高18.5x奥35.5cm、5.7kg
旧型「NF-RT1000」:幅45×高18.5x奥35.5cm、5.4kg

サイズに変わりはありませんが、新型「NF-RT1100」のほうが0.3kg重くなりました。

まあ、誤差の範囲だと思います。

価格

新型「NF-RT1100」:39,000円
旧型「NF-RT1000」:22,000円
(楽天の最安値)

新型と旧型は17000円の違いがあります。

旧型「NF-RT1000」は2015年の発売から期間が経っているので、かなり安く購入できます。

違いのまとめ

新型「NF-RT1100」と旧型「NF-RT1000」の違いは以下になります。

・くんせいメニュー
・調味料のくんせい
・温度調節機能
・ボタンの名称変更
・サイズと重さ
・価格

以上の点から、どんな人にどちらがおすすめかまとめました。

新型「NF-RT1100」をおすすめする人
・くんせいメニューを使いこなしたい人
・調味料をくんせいにして料理の幅を広げたい人
・価格が高くても高性能な機種を使いたい人
旧型「NF-RT1000」をおすすめする人
・細かく温度調節したい人
・できる限り安く購入したい人

けむらん亭の口コミやレビューまとめ

「けむらん亭」の口コミやレビューをまとめました。

購入を検討している方は、参考にしてみてください。

けむらん亭は「美味い」「煙が出ない」という口コミが目立ちます。
煙が出なくて美味かったら最高ですね。

「NF-RT1100」の最安値をチェック

「NF-RT1100」が販売されているショップの最安値をまとめました。

(記事更新時の価格なので、現在の価格は下記リンクからご確認ください。)

Amazonの最安値

Amazonでは39,800円

「NF-RT1100」の最安値をAmazonでチェック!

楽天の最安値

楽天では39,000円(送料無料)

「NF-RT1100」の最安値を楽天でチェック!

yahooショッピングの最安値

ヤフーショッピングでは39,000円(送料無料)

「NF-RT1100」の最安値をヤフーショッピングでチェック!

記事更新時の「NF-RT1100」の最安値は、楽天とヤフーショッピングになります。

「NF-RT1100」の発売日はいつ?

「NF-RT1100」の発売日は、2022年3月1日です。

「NF-RT1100」商品詳細やスペック

煙を気にせず、部屋で手軽に燻製をたのしめます。くんせいメニューが「弱め」「強め」に増えて、くんせい機能が拡充しました。

塩、粒こしょう、みそ、ごまの4種類の調味料の燻製が可能です。ポテトサラダやステーキにちょい足しして、手軽に燻香をたのしめます。燻製できない料理も風味豊かに。

魚はもちろん、とり肉や焼きいもなどメニューに応じて火力や時間をきめ細かくコントロールし、遠赤ブラックヒーターと備長炭コートで炭火焼きのようなおいしさに。

■6つのオートメニューと3段階の焼き加減を搭載
6つのオートメニューを搭載。マイコンがメニューに応じて、火力・温度・時間をきめ細かくコントロールし、難しい火加減もおまかせでおいしく焼き上げます。 焼き加減を、3段階で材料に合わせて調整できます。

■遠赤ブラックヒーター・庫内セラミック備長炭コート
遠赤ブラックヒーターと庫内セラミック備長炭コートを4面に採用し、魚も肉もおまかせで炭火焼きのようにパリッとジューシー。

■においを軽減 、煙も約90%*※カット
14層の触媒フィルターと強制排気ファンを搭載。 強制排気ファンが煙を触媒フィルターへ誘導し、におい・煙のもとを分解するので、においを軽減、煙も約90%*※カット。

■セルフクリーニングコート&お手入れモード
庫内に触媒入りのセルフクリーニングコートを採用。専用のお手入れモードで触媒を熱することで、飛び散った脂を分解し、庫内をキレイに。 受け皿とガラス窓は、外して丸洗いできます。焼き網は、こびりつきにくいフッ素加工なのでお手入れラクラク。

「NF-RT1100」燻製の作り方

(プロセスチーズの燻製の作り方)

①燻製チップを、くんせい容器のだ円のラインの内側にまんべんなく広げる
②網の目から落ちやすいチーズは、くんせい網の上にアルミ箔を敷く
③プロセスチーズをくんせい網の中央部に置く
④アルミ箔をくんせい容器の上からかぶせてふたをし、くんせい容器のふちに沿ってしっかり巻き込んで、すき間ができないよう密着させる
⑤スモーク&ロースターに入れて、コースを選びスタート

「NF-RT1100」の電気代は?

「NF-RT1100」の電気代を調べてみました。

1日1時間使うと34.42円です。
何時間も使い続ける物ではないので、そこまで電気代はかからないと思います。

「NF-RT1100」のカラーバリエーション

「NF-RT1100」のカラーバリエーションはブラックのみです。

旧型「NF-RT1000」もブラックのみだった事を考えると、今後も違うカラーは発売しないと予想します。

まとめ

スモーク&ロースターけむらん亭「NF-RT1100」が、パナソニックから発売されました。

ご自宅で、煙を気にせず、食材や調味料の燻製を手軽に楽しめます。

新型「NF-RT1100」と旧型「NF-RT1000」の違いは以下になります。

・くんせいメニュー
・調味料のくんせい
・温度調節機能
・ボタンの名称変更
・サイズと重さ
・価格

くんせいメニューが選択できたり、調味料のくんせいがしたい人は新型「NF-RT1100」。
できる限り安く購入したい人は旧型「NF-RT1000」をおすすめします。

けむらん亭を手に入れて、美味しいくんせい料理を楽しみましょう。