ドラ恋 若菜(わかな)の彼氏は?本名・改名や活動休止の謎

ドラ恋 若菜(わかな)の彼氏は?本名・改名や活動休止の謎

AbemaTV『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』(ドラ恋)出演者の中で、一番謎めいた女性だと思うのが若菜さんです。

シュッとした綺麗なお顔とは裏腹に、どこか自信なさげな印象が・・・

その理由は、過去の活動休止時代にありそうな気がします。

今回の記事は、若菜さんの謎に迫ってみました。

若菜のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

若菜 wakana(@wa_ka_na_official)がシェアした投稿


名前:若菜(わかな)
本名:生田若菜(いくた わかな)
生年月日:1994年1月14日
年齢:26歳(2020年2月現在)
出身地:福島県いわき市
血液型:B型
身長:156cm
趣味:サウナ、半身浴、カラオケ、焼肉、ダンス、ゲーム
特技:一人行動(焼肉、カラオケでも)
挑戦したい事:釣り、ゴルフ

職業:歌手/女優
所属事務所:Y2(2017年までホリプロ)

若菜の彼氏は?

若菜さんの彼氏についての情報は、調べてもわかりませんでした。

『恋愛ドラマな恋がしたい』のインタビューでは、下記のように話しています。

◎ドラ恋への意気込み、見どころ
恋愛とお芝居、どっちも全力で挑むって事って初めてですし、年齢は26ですけど、今まで恋愛が多いワケではないので初めて尽くしかなって感じなので、逆に無理せず気負いせず、0から吸収していってみなんから刺激をもらって恋愛もドラマも全力で頑張れたらいいなと思ってます。

◎男性にこんな事されたら惚れてしまう
自分が落ち込んでいたり滅入っているときに、傍にいて声を掛けてくれたら、すごい救いになるかなって思うし、優しい人なんだって思う。
https://news.nicovideo.jp/watch/nw6485672

恋愛経験が多くないのは本当だと思います。
その理由は、ドラ恋を見る限り、恋愛に積極的には見えないからです。

今は恋愛よりも仕事という感じで、女優としての成功に比重を置いてると思います。

ドラ恋の1話ではチワさんとコンビになり、良い感じでしたが、今後どうなるのか楽しみです。

若菜の高校や大学

若菜さんの出身高校は、公表されていません。
ただ、出身地である福島県いわき市にある高校出身である事は間違いありません。

高校時代には、いわき市で東日本大震災を経験したようで、辛い時に音楽に励まされた事もあり、歌手を目指すようになりました。

若菜さんの出身大学も公表されていませんが、神奈川県内の女子大学の文学部へ進学した事はわかっています。

文学部で心理コミュニケーションを専攻していた事から、フェリス女学院大学ではないかとの情報もあります。

大学3年の時に、第39回ホリプロタレントスカウトキャラバンにエントリーし、3万8628人の応募者の中からグランプリに選出されました。

それでも、2016年春に大学をしっかり卒業しているようです。

若菜の本名は?

若菜さんの本名は”生田若菜”です。

第39回ホリプロタレントスカウトキャラバンにエントリーした時、エントリー名が生田若菜だった事から判明しました。


その後、芸能活動をスタートするにあたり、改名する事になりました。

若菜の活動休止と改名の謎

本名である生田若菜から、栞菜智世(かんな ちせ)に改名して芸能活動をスタート。
歌手・栞菜智世として順調に活動していました。

ところが、2017年に突然の芸能活動中止を表明。

活動中止の詳しい原因はわかりませんが、芸能活動に疲れたんだと思います。
インタビューで当時の気持ちを話しています。

あの頃は歌とか音楽があまり好きじゃなくなっていたかもしれないんですが、でもやっぱり小さい頃からの夢でしたし、嫌いにはなれませんでしたからね。

きっと未練みたいなものがじわじわと疼いてきたんだろうなって、今となってはそんな風に思います。
https://www.barks.jp/news/?id=1000172569

2年後の2019年に、「若菜」として芸能活動を再開。
家族や友人からの励ましもあり、もう一度チャレンジする事に。

芸名を変えた理由は、以下の2つのどちらかだと思います。

・心機一転で再スタートしたいから。
・事務所が変わる事で、前の芸名が使えなかった。

芸能事務所は契約の問題も多いので、後者の理由が本命です。

若菜の歌手活動

栞菜智世時代は歌手として功績を残しています。

2016年3月にシングル「Hear 〜信じあえた証〜」で歌手デビュー。
この楽曲は、映画『僕だけがいない街』の主題歌に採用されています。

同年8月にはセカンドシングル「Blue Star」をリリースし、大型フェスに初出演を果たしています。

同年11月には、サードシングル「Heaven’s Door 〜陽のあたる場所〜」をリリース。
この曲は、ホリプロの先輩にあたる石原さとみさんが主演を務めたテレビドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』の主題歌に採用されています。

同年12月にはファーストアルバム「blue moon」をリリースと、ものすごい快進撃。
2017年に活動を休止しなければ、スター街道まっしぐらだった可能性もあります。

約2年間の休養期間を経て、2019年2月より芸能事務所Y2に所属。
同年5月にkobasolo&若菜としてカバーシングル「歌うたいのバラッド」をリリースしています。

同年7月にはデビューシングル「柳火」を配信リリース。
同年9月にはセカンドシングル「月 -TUKI-」を配信リリースし、初のワンマンライブ「beyond the lights 〜 若菜’ First LIVE 2019」を開催しています。

2019年は、栞菜智世時代のような快進撃でした。

若菜の女優としての活動

2019年以降は、女優としても活動の場を広げている若菜さん。

2019年1月:「KOBASOLO(コバソロ)」YouTube チャンネルカバープロジェクトに参加
2019年3月:NoisyCell「透明」MV 出演
2019年4月:AbemaTV『御曹司ボーイズ』出演
2020年1月:AbemaTV『恋愛ドラマな恋がしたい』出演

『恋愛ドラマな恋がしたい』出演で、さらに知名度がアップする事は間違いありません。

女優としてもステップアップのチャンスです。

若菜のインスタとツイッター

若菜さんはインスタとツイッターのアカウントを更新しています。

音楽活動の宣伝が多いですが、最近では『恋愛ドラマな恋がしたい』関連の投稿が増えています。

若菜のインスタ

若菜のツイッター

若菜の似てる有名人

若菜さんに似てる有名人を探してみると、元NMB48の山本彩さんに似てるとのツイートが。

シャープな顔とシュッとした目元、笑顔の時の口元。
確かに似ています。

まとめ
若菜さんの似てる有名人は、山本彩さんです。

まとめ

若菜さんは、歌手としてはもちろん、女優としても活動の場を広げています。

本名は生田若菜ですが、栞菜智世の芸名で活動した後に活動休止し、芸能活動を再開する時に若菜として再スタートを切りました。

恋愛には積極的ではありませんが、『恋愛ドラマな恋がしたい』で彼氏ができるのか?

若菜さんの今後の活躍に期待しましょう。

すべての作品が見放題【Abemプレミアム】