WANIMAの下積み時代が泣ける。バンド名の由来がウケる。

WANIMAの下積み時代が泣ける。バンド名の由来がウケる。

熊本県出身の3ピースバンド「WANIMA」。

紅白歌合戦に初出場した時に初めて知りましたが、元気のでる良い曲が多いんですよね。

人気も凄くて、初のワンマン・ライヴで、さいたまスーパーアリーナをソールドアウトさせたとか・・・

「そんな人気バンドの下積み時代はどんな感じだったんだろう?」

気になったので調べてみました。

WANIMAのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

幼い頃から読んで、観て、真似して ともに育った「ONE PIECE」の映画の主題歌に WANIMAの音楽を選んで頂きました。 ひと足お先に台本を読ませて頂き、 控えめに言ってむちゃくちゃヤバい事になっておりました。 皆さん同様に「ONE PIECE」ファンとして 「ONE PIECE」とともに過ごした今までと 今回の映画で感じた事を主題歌の「GONG」に詰め込みました。 「ONE PIECE」に出逢わなければ出来なかったこの歌が沢山の方々に届くことを願っております。 日本で1番「ONE PIECE」が好き!! WANIMAのKENTAでした!! P.S…新曲「GONG」に麦わらの一味がコーラスとして参加してくれました‼︎ 7月17日発売の4曲入りCD‼︎ 「Summer Trap‼︎」 むちゃくちゃお楽しみに‼︎ #ワンピース #WANIMA #onepiecestampede

WANIMA KENTAさん(@wanimakenta)がシェアした投稿 –

バンド名:WANIMA(ワニマ)
所属事務所:PIZZA OF DEATH
レーベル:unBORDE(ワーナーミュージック・ジャパン内)
ジャンル:ロック、パンク・ロック、メロディック・ハードコア、オルタナティヴ・ロック

メンバー:3人
KENTA(ボーカル・ベース)
KO-SHIN(ギター・コーラス)
FUJI(ドラムス・コーラス)

名前:KENTA(ケンタ)
本名:松本 健太(まつもと けんた)
生年月日:1988年4月13日
年齢:31歳(2019年10月現在)
血液型:O型
出身:熊本県天草市
身長:170cm

名前:KO−SHIN(コーシン)
本名:西田 光真(にしだ こうしん)
生年月日:1989年3月30日
年齢:30歳(2019年10月現在)
血液型:A型
出身:熊本県天草市
身長:175cm

名前:FUJI(フジ)
本名:藤原 弘樹(ふじわら こうき)
生年月日:1986年8月8日
年齢:33歳(2019年10月現在)
血液型:O型
出身:熊本県熊本市
身長:178cm

WANIMAというバンド名の由来

WANIMAというバンド名は、メンバーの頭名字が由来になっています。

WANIMAの前身バンドだった「HANIMA」は、
西田のNI、松本のMA、当時メンバーのハスダユウヤのHAの頭名字を合わせてHANIMA

HANIMA解散後に同じパターンで、
西田のNI、松本のMA、当時メンバーのワキタのWAの頭名字を合わせてWANIMA

ワキタさんは脱退してますが、現在もWANIMAというバンド名で活動しています。

FUJIさんが加入してもバンド名はWANIMAのままというのも少し可哀想な気もします。
FUJIのFUを入れて「FUNIMA」に変更してもそんなに違和感ないかと。

今となっては、FUJIWARAの「WA」でWANIMAだとメンバーでは納得してるようです(笑)

走り出しているバンドの名前を変えるのが大変な事も想像できますが、フジさんは納得してるんでしょうか?

ちょっとウケる話ですね。

WANIMAの下積み

さいたまスーパーアリーナでのワンマンライブ、紅白歌合戦初出場、メジャー1stアルバムがオリコン1位を獲得等、凄まじい勢いで人気バンドに成長したWANIMA。

2010年に結成されたWANIMAにも、ブレイクするまでに下積みの苦しい時代があります。

結成当初は、お客さんの入りが3人くらいのライブも経験しているようです。
メンバーが3人なのに、お客さんも3人は厳しすぎますね。

お金が無くてご飯が食べれなかった事や、バイトばかりで何も進まないという、売れないミュージシャンが通る道をひととおり味わったと話していたKENTAさん。

バンドをやめて帰ろうと思った事は何度もあったようです。

ライブのMCではこう語っていました。
「生きとるうちになんでも好きにやれよ!」

そんな明るいメッセージの裏には、結果が出なかった過去の苦い思い出があるんでしょう。

高校卒業後に、家族や仲間たちを残して上京したKENTAさん。
家族の家計を支える為に入った自衛隊を辞めてまで上京したKO-SHINさん。

後に、中途半端では地元熊本には帰れなかったと話すように、後戻りできないという覚悟でバンド活動をしていたそうです。

そこにFUJIさんがドラムとして加入して現在のWANIMAが完成します。
ドラムが見つかるまで2~3年かかったと話すほど慎重に選んだようです。

FUJIさんはWANIMAに入るまで10組弱のバンドを経験していて、音楽をやめるかやめないかという瀬戸際でWANIMAに出会い、加入となりました。

そんな思いもあって、FUJIさんも強い覚悟をもってWANIMAで活動していきます。

三人が揃ってからは一気に状況が好転し、現在のブレイクに繋がっていきます。

KENTAさんはインタビューでこう話していました。

基本的に、生きてていいことなんて少ないじゃないですか? それでも、何とかして一歩踏み出したいっていう気持ちを強く持たなきゃいけない。それを「こうやったら乗り越えられるよ」っていう上から目線じゃなく、同じ時代に生まれた1人として歌いたいと思ってます。
https://www.cinra.net/interview/201511-wanima

だからWANIMAには明るい元気の出る曲が多いんですね。

WANIMAのアルバム紹介

1st miniアルバム「Can Not Behaved!!」

Can Not Behaved!!

Can Not Behaved!!

posted with amazlet at 19.10.20
WANIWA
ピザ・オブ・デス・レコーズ (2014-10-22)
売り上げランキング: 2,827

1stアルバム「Are You Coming?」

Are You Coming?

Are You Coming?

posted with amazlet at 19.10.20
WANIMA
ピザ・オブ・デス・レコーズ (2015-11-04)
売り上げランキング: 1,707

2ndアルバム「Everybody!!(エビバデ)」

Everybody!! (ステッカー無し)
WANIMA
ワーナーミュージック・ジャパン (2018-01-17)
売り上げランキング: 179

3rdアルバム「COMINATCHA!! (カミナッチャ)」

COMINATCHA!!(通常盤) (特典なし)
WANIMA
ワーナーミュージック・ジャパン (2019-10-23)
売り上げランキング: 247

まとめ

WANIMAの下積み時代は、食べる物にも困り、ライブでもお客さんが入らないという経験をしたようです。

バンド名の由来は、メンバーの頭名字が由来になっていて、
西田のNI、松本のMA、FUJIWARAのWAでの頭名字を合わせてWANIMAに決まりました。

やっぱりFUJIWARAの「WA」は強引すぎますね(笑)

圧倒的人気がさらに加速しているWANIMA。
今後の活躍に期待しましょう。